即日最短25

営業時間 9:00~20:00

0120-684-225

クレジットカード
MENU
ダブルベッドの処分方法7選!無料で捨てる方法をご紹介

ダブルベッドの処分方法7選!無料で捨てる方法をご紹介

    ダブルベッドの捨て方・処分方法について困っていませんか?

    ベッドは私たちが生活を送るうえで欠かせない家具のうちの1つです。特にベッドの中でもサイズの大きなダブルベッドは、ゆったりとした姿勢で睡眠をとりたい方や、パートナーや子どもと一緒に1つのベッドを使用したい方にとっては馴染みのあるベッドでしょう。

    しかし、使い続けていけば、いつかは壊れてしまう時がやってきます。大型であり頑丈に作られているものの、毎日のように人の全体重を支えているため劣化を避けることはできません。

    また、大人が二人並んで眠れるスペースがあるほど大型のベッドなため、引っ越し先の間取りと合わずに、引っ越しを機に処分をしなければいけないというケースも珍しくありません。

    そこで今回は、ダブルベッドの正しい捨て方・処分方法について詳しくまとめてみました。ぜひ、当記事を見て参考にしてください。

    【この記事でわかること】
    ① ダブルベッドの正しい処分方法
    ② ダブルベッドを処分する際の注意事項
    ③ダブルベッドについて詳しく知る

    ダブルベッドを捨てる際の注意事項

    ダブルベッドを捨てる前に、まずは確認をしておくべきことがあります。

    ダブルベッドの使用期限について

    ダブルベッドの寿命は10~15年程度と考えた方が良いでしょう。一般的に家庭で使用されるものであれば急激に劣化・故障するようなことはなく安定して使用し続けることができます。使用の頻度に応じて、フレームの一部が壊れてしまったり、ギシギシといった異音がするなど不具合が生じるようなことも出てくる可能性はあります。

    家具ということもあり製品の寿命はやや長く早々に買い替えることはないと思いますが、販売メーカーによる商品の保証期間は5年程度となっている場合が多いため、一旦は5年程度を目安に買い替えを意識した方が良いかもしれません。

    何ゴミで捨てられるのか

    ダブルベッドをゴミとして廃棄したいという場合、基本的には自治体が運営している粗大ゴミ回収を利用することとなります。

    粗大ゴミは家庭から出た大きなゴミのことを指します。大きいと判断されるサイズは地域によって違ってくるため確認が必要ですが、おおよそ30cmを超えると粗大ゴミに該当するサイズとなるようです。

    ダブルベッドはこのサイズを超えることは明確であるため、粗大ゴミとして処分しなければいけないこととなります。

    一般ゴミとして捨てることもできる?

    先述のように、ダブルベッドは一般的には粗大ゴミに該当するため、多くの自治体では粗大ゴミとして処分を進める必要があります。

    しかし、ダブルベッドを一般ゴミとして捨てても良いとされるサイズまで解体することができれば、一般ゴミとして捨てることもできる可能性はあります。ノコギリやパイプカッターなどの工具を用いて各部品が30cm未満になるよう細かく解体することは不可能ではありません。

    ただし、ダブルベッドの解体は簡単にできるものではありません。工具の扱いや解体作業に慣れている方であれば半日程度で解体を終えることも可能かもしれませんが、慣れていない場合は1日では終わらず数日掛けて作業をしなければいけないということもあるでしょう。

    解体作業だけではなく、工具の準備や人手の準備、後片付けをする時間を合わせると、より時間が掛かります。騒音などで周囲の方に迷惑が掛からないよう対策をする必要もあるでしょう。

    ダブルベッドの捨て方・処分方法7選

    ダブルベッドを処分する方法は、無料のものから有料で処分できるものまで様々です。

    ここでは、ダブルベッドを処分する際に利用できる7つの方法をご紹介しています。まず、考えられる処分方法について一覧にまとめてみました。

    処分方法費用備考
    一般ゴミとして処分する無料費用は掛からない
    粗大ゴミとして処分する有料費用は500~1,500円程度
    家具専門店に依頼して処分する有料費用は無料~5,000円程度
    リサイクルショップで売却する(無料)買取金額はお店によって異なる
    フリマ・オークションで売却する(有料)送料が掛かる
    知人・友人に譲る無料引き取り手がいれば処分可能
    不用品回収業者で処分する有料8,000円~
    ※依頼をするプランによる

    上記のように多くの処分方法の中から選ぶことが可能となります。費用を掛けずに処分が可能な方法もありますので、手間や労力を考えてご自身に合う捨て方を選ぶことが大切でしょう。

    ただし、処分方法によっては費用がやや掛かる場合があるため注意が必要です。

    ① 一般ゴミとして処分する

    先述の通り、ダブルベッドを解体することさえできれば一般ゴミとして捨てることができます。

    木製のパーツは可燃ゴミへ、金属製のパーツは不燃ゴミや金属ゴミへ捨てるなど分別は必要となってきますが、無料で回収してもらえるという点は誰にとっても嬉しいポイントとなるのではないでしょうか。

    しかしながら解体は容易にできるものではないため、解体することに不安を覚えるという場合は別の処分方法を検討した方が賢明といえるでしょう。

    ② 粗大ゴミとして処分する

    大型の家具を処分する場合、粗大ゴミで処分する方法が最も分かりやすくシンプルな処分方法となってくるでしょう。基本的に、一辺が30cm以上の大きなゴミの場合は大概のものが粗大ゴミとなってきます。処分手数料は多少かかりますが費用の負担もそこまで大きくありません。

    ただし、回収日当日に指定された場所(玄関先やゴミ集積所など)にダブルベッドを出しておく必要があります。ダブルベッドは20~50kg程度の重さがあり、幅も広いため大人が1人で簡単に運べるものではありません。

    粗大ゴミの回収作業員の方も、重たい家具だからといって運び出しを手伝ってくれることは基本的にないため、運ぶ際の人手は自分自身で探すこととなります。

    粗大ゴミの申し込みをする前に一度外までダブルベッドを運ぶことができるのかどうか考えてみて、可能だと分かってから手続きを進めることをおすすめします。

    ③ 家具専門店に依頼して処分する

    お近くに家具専門店があれば、不要な家具の引き取りを依頼することが可能です。ニトリやIKEAのように同様の製品を販売している店舗であれば、処分の対応が可能と考えられるため店舗側に相談をしてみましょう。

    費用に関しては無料の場合もあれば有料の場合もあります。ダブルベッドの場合は、自宅からの運び出しが可能であるのか、店舗スタッフによる解体作業は必要なのか、引き取りの際に人手や大型のトラックの準備が必要であるのか、など店舗側としても注意すべきポイントがいくつかあり、店舗側の対応が増えることで引き取り料金が高くなるということがあります。

    また、基本的には買い替えが条件となってくるため、新しくダブルベッドを購入する必要も出てきます。

    回収費用はいくらになるのか、購入費用と合わせて総額いくらになるのかは、引き取りサービスを依頼する時点で店舗側と十分に相談・確認を行っておきましょう。

    ④ リサイクルショップで売却する

    引き続き使用することが可能で大きな問題もなく十分に売れそうなものであればリサイクルショップで売却してみましょう。

    リサイクルショップ自体は、そこまで商品に詳しくない可能性もありますが、ジャンルに特化して商品を取り扱っているお店であれば、ある程度は査定額の期待もできるでしょう。家具を多く取り扱うお店が特におすすめです。

    ただし、売却・査定のやり取りは比較的簡単に処理される傾向が強いため、専門店ほどの査定額の高さにはならない場合がほとんどです。そのため、「いくらでもいいので早く売って処分したい」という場合であれば非常に有効でしょう。

    また、売却時期も重要です。家具であれば引っ越しシーズン前の2~3月頃(春季)の売却がおすすめです。事前に余裕をもって冬季頃に売却をしておくことも可能ですが、買い取り金額は大きく違いが出る場合があるため注意しましょう。

    注意点として、リサイクル店では製品によって買い取りが可能な条件・限度があることを覚えておきましょう。そもそも店舗側にダブルベッドを販売するための展示スペースがなければ買取を断られてしまう可能性があります。出張買取という買取方法を選ぶことでダブルベッドの運搬をせずに済みますが、サイズが大きすぎるものはショップ側でも運搬ができないとして断られることもあります。

    リサイクルショップでダブルベッドを売りたいという時は、まずショップ側に相談をしてみましょう。

    ⑤ フリマ・オークションで売却する

    フリマアプリやオークションサイトを利用できれば、自分の任意の金額で売買を進めることが可能です。

    専門店やリサイクルショップでの買取とは異なり、自分自身がそれらのお店同様の価格で商品を売りに出すことができるため、リサイクル店で売却する場合に比べて非常に高値で売ることができます。

    ただし、個人間でのやり取りとなるため多少の手間は掛かります。また、落札後は商品を郵送する必要があるため、郵送代は計算をしておく必要があるでしょう。ダブルベッドは非常に大きな家具であるため送料も馬鹿になりません。

    そのため、あらかじめ送料を考慮して出品をする必要があり、売値は中古相場よりも若干低くなることは頭に入れておきましょう。

    また、リサイクルショップと同様に売却時期は重要です。需要が高まる時期にできるだけ相場よりも安めに出品するなどの工夫をすることができれば、売却が成立する可能性も高いでしょう。

    ⑥ 知人・友人に譲る

    ご自身の周りでダブルベッドを欲しがっている人がいれば、無料で譲ってしまうというのも1つの手でしょう。

    ただしこの場合は、しっかりと「問題なく使用し続けることができるもの」であることが条件です。「壊れ気味・調子が悪い」といった製品を譲渡することは、トラブルが生じる可能性もあり、あまり好ましくないことですので注意しましょう。

    「使えるものであればなんでも良い」という場合もあるでしょうし、「できるだけ良いものを使ってみたい」など、相手側の意向もあると思いますので、条件が合うかどうか、譲歩できる条件はあるのかどうか相手としっかり話し合いをしておきましょう。

    声を掛けるタイミングも重要です。春季など引っ越しシーズンに合えば、需要もあり貰い手も見つけやすいでしょう。

    ⑦ 不用品回収業者で処分する

    ダブルベッドのような大きな家具であっても、不用品回収業者を利用すればすぐに回収してもらうことが可能です。

    多少大きなものであってもスタッフの方が運び出してくれます。依頼した後は待っているだけで全て対応してくれるため便利です。回収自体も早ければ即日の内に対応が可能なため非常に便利です。

    ただし、多くの場合は固定費用のサービスプランを利用することになるため、1点だけの処分のために利用する場合には割に合わず損をしてしまいます。そのため、回収をしてもらう際には、他にも処分したい物を合わせて同時に引き取ってもらうようにすると、不用品1つあたりに掛かる処分費用を抑えることが可能です。

    費用自体は高い処分方法となってしまいますが、問い合わせて早ければ即日の内に対応してくれる場合がほとんどなので、非常に利便性の高い処分方法となっています。

    ダブルベッドの場合はそれなりに大きなものでもあるため、1品のみだとしても処分を優先する目的で依頼することは有効でしょう。

    ダブルベッドの処分に関するトラブルシューティング

    ものを捨てるという行為には、悩みやトラブルがつきものです。ダブルベッドを捨てようと思った際に思わぬトラブルが発生して頭を悩ませてしまうこともあるでしょう。

    ここでは、ダブルベッドの処分に関するトラブルシューティングをご紹介します。

    粗大ゴミとして回収されない場合がある

    自治体によっては、運搬が困難と思われる大型のゴミについては回収しないとルールで決められている場合があります。

    特にダブルベッドのような大人が1~2人程度では運ぶことができないものは、トラックへの積み込みもできないとして回収不可とされている場合があるため注意してください。

    粗大ゴミの回収可能品目は自治体のホームページに掲載されています。自分が住んでいる地域ではダブルベッドを回収品として扱っているのか、一度確認をしてみましょう。

    品目名が掲載されていない場合は自治体の粗大ゴミ回収受付に問い合わせて確認をしてみることをおすすめします。

    マットレスは別品目扱いとなる

    ダブルベッドを処分したいという場合に、マットレスも一緒に処分を検討しているのであれば注意が必要です。

    粗大ゴミ回収の場合は、ベッドフレームとマットレスは別物として扱うことがほとんどです。一緒に申し込むことは可能ですが、別品目扱いとなるため費用は別々に掛かります。

    また、マットレスがスプリング入りやコイル入りだった場合は「適正処理困難物」と見なされて、そもそも粗大ゴミとして回収してもらえない可能性が高いため、別の処分方法を検討しなければいけません。

    ダブルベッドとマットレスを同時に処分したい場合におすすめとなる処分方法は不用品回収業者への依頼です。1度依頼をするだけで、ベッドもマットレスも同時に回収してくれます。ベッドだけではなくマットレスの運び出しも行ってくれるため手間が掛からず便利です。

    まとめ

    ダブルベッドにはいくつかの捨て方・処分方法があることが分かりました。粗大ゴミ回収や家電量販店等に引き取り・回収を依頼する方法が一般的ではありますが、処分に手間を掛けたくないという場合は不用品回収業者を利用するのも有効でしょう。

    比較的処分をしやすい部類のアイテムになりますが、製品の大きさ故に手間が掛かる面も考慮する必要があります。ご自身の状況を考えて、どの方法が1番納得のいく処分となるか検討してみてください。

    ダブルベッドの処分はリユース本舗へ

    今回紹介した内容から自分の目的や状況に合う処分方法を見つけることは出来ましたか?この記事を読んでもまだ処分方法で悩んでいる方もいるかと思います。そんな人にはリユース本舗を紹介します。

    リユース本舗は創業43年の不用品回収業者です。最短25分でお伺いすることができ、見積もり・キャンセル無料で査定することができます。また、今ならWebページからの申し込みでWeb割キャンペーンが適用されます。

    リユース本舗なら業界最安値の4,980円からの料金設定で見積もりもキャンセルも無料です。
    電話相談料や見積もり費用、運搬車両費用、スタッフ増員料金などは一切不要です。

    他にもたくさんの特徴があるので、下記にまとめます。

    ・梱包・分別が不要
    ・Webからのお申込みで割引
    ・無料見積もり
    ・出張見積もり可能
    ・キャンセル料無料
    ・メール・ラインでのお問い合わせ24時間受付中

    リユース本舗では、不用品回収に欠かせない、「廃棄物収集運搬許可証」を行政より取得しているため、安心して利用していただけます。

    これを機にリユース本舗を利用して掃除機を処分してみてはいかがでしょうか。ぜひお気軽にお問い合わせください。

    電話番号:0120-684-225
    営業時間:09:00~20:00
    LINE・メールは24時間受付中です。

    今すぐリユース本舗を利用する

    関連アイテム記事

    ベッドの処分方法8選!無料で捨てられる方法をご紹介
    ウォーターベッドの処分方法7選!無料で捨てる方法をご紹介
    マットレスの処分方法6選!無料で捨てられる方法をご紹介
    電動ベッドの処分方法6選!無料で捨てる方法をご紹介

    ほかの品目の捨て方も調べる

    不用品でお困りならお任せください

    • お困りごと例 ①

      不用品や粗大ゴミの回収・処分

      不用品や粗大ゴミの
      回収・処分

    • お困りごと例 ②

      いらなくなった不用品の買取

      いらなくなった
      不用品の買取

    • お困りごと例 ③

      引っ越し時の粗大ゴミ処分

      引っ越し時の
      粗大ゴミ処分

    • お困りごと例 ④

      遺品整理・ゴミ屋敷の清掃

      遺品整理
      ゴミ屋敷の清掃

    不用品回収・不用品買取以外にも
    ゴミ屋敷清掃や引っ越し遺品整理など
    お部屋のお片付けお掃除全般
    対応可能です!!

    各分野において資格保持者が在籍。不用品の処分のついでに「コレもお願いできるかな・・・」などの疑問がございましたら、お気軽にお問合せください。コールセンターが丁寧に相談対応させていただきます。

    4,980(税込)
    相談料0お気軽にご相談ください!

    0120-684-225

    お気軽にご連絡ください

    営業時間:9:00~20:00

    お得にご利用いただけるチャンス Web限定キャンペーン

    不用品回収に併せて無料でお掃除サービス!
    日頃の感謝を込めて、大還元サービス実施中!

    Lパック以上のお客様限定!

    拭き掃除・ワックスがけ
    • 拭き掃除
    • 洗剤拭き掃除

    ハウスクリーニング9,800円 ~

    • 他サービスと併用OK

      他サービスと併用OK

      不用品回収/ゴミ屋敷清掃/遺品整理と併用OK!

    • クリーニングのみOK

      クリーニングのみOK

      ハウスクリーニングのみのご依頼もOK!

    • 対応範囲は制限なし

      対応範囲は制限なし

      一部屋から一軒家まで規模を問わず対応可能

    ハウスクリーニングの詳細はこちら

    料金のご案内

    相談・お見積り・運搬車・スタッフ増員は0円!
    安心の定額コミコミパックなので、お見積りから金額が変わる心配がありません!
    安心してご利用ください!

    定額コミコミパック

    リユース本舗では「SSプラン」から「XLプラン」少しの不用品を回収する「お助けパック」まで幅広いプランをご用意しております。

    SSパック ちょっとした片付けに最適! Sパック 1K程度の片付けにおすすめ!! Mパック 1Kから1DK程度の片付けに Lパック 1DKから1LDK程度の片付けに LLパック 2LDKから3DK程度の片付けに XLパック 3LDKから4LDK程度の片付けに お助けパック あと少しだけ引き取って欲しい時に各パックと合わせてご活用ください 買取強化中!!幅広い不用品をプロが査定

    ※各パックに表示されているトラック・段ボールのイラストはあくまでもイメージとなります。
    ※トラックに積める回収品の量・高さには制限がありますので、1トン等まで積載できるわけではありません。
    ※リサイクル家電・PC関連は除く
    ※一部パックに含まれないものもあり

    「過去に他社で高額請求された…」

    「少しでも安く処分したい!」

    そんな方はリユース本舗へ一度お問合せください!「他社様の見積もり定時で1円でも安い見積もり提示できる自信あり!」お客様にご納得いただける金額にて回収・買取させていただき、ゴミとして処分ではなく、弊社ではリユース!

    料金について詳しくはこちら

    リユース本舗

    東京埼玉千葉神奈川
    全エリア対応!

    東京・埼玉・千葉・神奈川地図
    東京都の対応エリア
    昭島市 , あきる野市 , 足立区 , 荒川区 , 板橋区 , 稲城市 , 江戸川区 , 青梅市 , 大田区 , 奥多摩町 , 葛飾区 , 北区 , 清瀬市 , 国立市 , 江東区 , 小金井市 , 国分寺市 , 小平市 , 狛江市 , 品川区 , 渋谷区 , 新宿区 , 杉並区 , 墨田区 , 世田谷区 , 台東区 , 立川市 , 多摩市 , 中央区 , 調布市 , 千代田区 , 豊島区 , 中野区 , 練馬区 , 八王子市 , 羽村市 , 東久留米市 , 西東京市 , 東村山市 , 東大和市 , 日野市 , 日の出町(西多摩郡) , 檜原村 , 府中市 , 福生市 , 文京区 , 町田市 , 瑞穂町 , 三鷹市 , 港区 , 武蔵野市 , 武蔵村山市 , 目黒区
    埼玉県の対応エリア
    上尾市 , 朝霞市 , 伊奈町 , 入間市 , 小鹿野町 , 小川町 , 桶川市 , 越生町 , 春日部市 , 加須市 , 神川町 , 上里町 , 川口市 , 川越市 , 川島町 , 北本市 , 行田市 , 久喜市 , 熊谷市 , 鴻巣市 , 越谷市 , さいたま市 , 坂戸市 , 幸手市 , 狭山市 , 志木市 , 白岡市 , 杉戸町 , 草加市 , 秩父市 , 鶴ヶ島市 , ときがわ町 , 所沢市 , 戸田市 , 長瀞町 , 滑川町 , 新座市 , 蓮田市 , 鳩山町 , 羽生市 , 飯能市 , 東秩父村 , 東松山市 , 日高市 , 深谷市 , 富士見市 , ふじみ野市 , 本庄市 , 松伏町 , 三郷市 , 美里町 , 皆野町 , 宮代町 , 三芳町 , 毛呂山町 , 八潮市 , 横瀬町 , 吉川市 , 吉見町 , 寄居町 , 嵐山町 , 和光市 , 蕨市
    千葉県の対応エリア
    旭市 , 我孫子市 , いすみ市 , 市川市 , 一宮町 , 市原市 , 印西市 , 浦安市 , 大網白里市 , 大多喜町 , 御宿町 , 柏市 , 勝浦市 , 香取市 , 鎌ケ谷市 , 鴨川市 , 木更津市 , 君津市 , 鋸南町 , 九十九里町 , 神崎町 , 栄町 , 佐倉市 , 山武市 , 酒々井町 , 芝山町 , 白子町 , 白井市 , 匝瑳市 , 袖ケ浦市 , 多古町 , 館山市 , 千葉市 , 銚子市 , 長生村 , 長南町 , 東金市 , 東庄町 , 富里市 , 長柄町 , 流山市 , 習志野市 , 成田市 , 野田市 , 富津市 , 船橋市 , 松戸市 , 南房総市 , 睦沢町 , 茂原市 , 八街市 , 八千代市 , 横芝光町 , 四街道市
    神奈川県の対応エリア
    愛川町 , 厚木市 , 綾瀬市 , 伊勢原市 , 海老名市 , 大井町 , 小田原市 , 開成町 , 鎌倉市 , 茅ヶ崎市 , 川崎市 , 寒川町 , 清川村 , 相模原市 , 座間市 , 逗子市 , 中郡大磯町 , 中郡二宮町 , 箱根町 , 秦野市 , 葉山町 , 平塚市 , 藤沢市 , 松田町 , 真鶴町 , 三浦市 , 南足柄市 , 山北町 , 大和市 , 湯河原町 , 横須賀市 , 横浜市 , 中井町

    他社より1円でも高い場合はご相談ください!

    LINE
    MAIL 0120-684-225 LINE・メールは24時間受付
    営業時間:9:00~20:00