即日最短25

営業時間 9:00~20:00

0120-684-225

クレジットカード
MENU

土の処分方法7選!無料の捨て方をご紹介

土の処分方法7選!無料の捨て方をご紹介

土の処分方法7選!無料の捨て方をご紹介

    近年、ご家庭にて家庭菜園や観葉植物の栽培を楽しむ方が増えてきています。特に育っている花などを貰ったり買ったりしてくる場合が多いかもしれません。そんな栽培などで欠かせないものといえば『土』になるでしょう。

    新しい土を購入して入れ替えたり追加したりする中で、「古くなった土・使用済みの古い土」をどう処分したらよいのかという悩みを持っている方は意外にも多いのではないでしょうか。

    一軒家にお住まいの方で庭や自分の敷地がある場合は一時的に庭に捨てることもができますが、多くの場合はそのような方法が選べる人ばかりではないでしょう。

    今回は、そんな土についての適切な捨て方・処分方法についてご紹介いたします。

    ※当記事では『土』について解説をしておりますが、「砂・砂利」等も同様に扱われるものと考えられます。

    土は植物の栽培に必須

    家庭菜園や観葉植物は自宅でも栽培しやすく、場所をとらないためマンションなどでも栽培できる優れものです。緑に囲まれた生活を送りたい方にはぴったりの植物ともいえます。

    観葉植物は、高温多湿な熱帯地域を原産とした葉の鑑賞を楽しむ植物となり、一年を通して室内で緑を楽しむことができ種類も増えてきています。一方で家庭菜園については、時期に応じて栽培を行うことになるため、一時的な利用に限られる場合が多いです。

    これらの栽培に場合に欠かせないものが『土』となります。植物の栽培にこだわると分かりますが、土は栄養がなくなると育てにくくなるため、定期的に買い替えも必要となります。

    そのような場合に、いざ土を交換しようとしても使用済みの古い土をどのように扱ったらよいのかは、かなり頭を悩ませる問題となってくるでしょう。

    土を処分する時の注意事項

    土は何ゴミに該当するのか?定義と自治体の方針

    土は自治体によってゴミとして認識はされておらず、捨てることができない場合がほとんどです。また、稀に捨てられたとしても分別方法が細かく定められているなど、注意が必要なものになります。

    そもそも、ゴミは「廃棄物」を指します。つまり、土のような類のものは「自然物」と考えられ、自治体で回収・処理されないことがほとんどです。土は、人の手が加わり加工されて作られた物ではないため、回収・処分がされにくい厄介な立ち位置に分類されている物なのです。

    近年、社会的にも分別や処分の意識が高まっている状況となりますが、土(砂・砂利・石など)は処分困難物の代表例ともいえるものとなってきています。そのため、土の回収を自治体が請け負って回収しているという場合も出てきています。それだけ処分することが難しいものでもあるといえるかもしれません。

    購入時よりも処分時のことを考えよう

    新たに植木鉢を購入し、家庭菜園や植物(草・花)を育てようという目的の場合には問題ありませんが、土を入れ替える目的での購入となる場合には注意が必要です。

    このような場合、まずはあらかじめ不要となる土を先に処分しておきましょう。その後、空になった鉢に新たな土を入れるという工程を徹底した方が無難です。

    廃棄物や粗大ゴミなどの多くは、何よりもまず購入先店舗へ相談をすることが推奨され望ましいとされています。仮に問題が解決しなかったとしても、対処しようとしていくプロセスとしては何も間違いはありません。土に関しても考え方は同じです。

    まだまだ一般的な処分方法(ルート)としては世間の認識は強くはありませんが、購入店での引き取り処分が真っ当な方法と考えられます。そのため、まずはお店に問い合わせたり相談をしていきましょう。

    引き取りや回収はしてもらえないに等しい

    ホームセンターなどでは、『購入時のレシートを持参して空の製品袋に不要な土や石を詰めても持ち寄ってください』といった条件を付けて土を回収してくれるサービスが提供されている場合があります。しかし、初めて処分を考える人からすると、ほぼ利用ができない方法といえるでしょう。

    ホームセンター側でも土の処分が難しいことを念頭に、取り扱い商品以外の土を簡単に持ち寄られないように対策していると考えられますが、あらかじめ回収のルールを知っていて繰り返し利用しているようなご家庭でもない限り活用はできないでしょう。

    その為、土を購入する場合には、栽培・観葉植物等の園芸店・販売店で購入しておいた方が、後々になって相談を行いやすいなどの利点があるかもしれません。

    保管し続けることも1つの手段

    解決策とはなりませんが、無理に処分を進める必要がない場合などは、植木鉢などをそのまま保管し続けることも良い方法でしょう。

    植木鉢1つ分程度のものであれば、そのまま保管し続けた方が持ち運びなどの管理の上でも楽です。2つ、3つ分と不要な植木鉢の土が増えてきたタイミングで初めて処分について考えて行けた方が効率も良いでしょう。

    それだけ土の処分は気軽に行うことが出来ないものであり、捨てる際にまとめて処分を考えることが適切です。

    勝手に捨ててはいけない

    多くの方が勘違いをしていたり間違った認識を持っていると思いますが、土や砂は公園や河川敷・海岸など国が管理をする公共の場に無断で捨ててはいけません。

    植木鉢で使用したような土は個人の所有物です。そのため、無断で捨てるような行為は不法投棄となります。「植木鉢一つ分程度の土なら捨ててしまっても問題ないだろう」と考えがちですが、立派な犯罪行為です。

    もしも、問題がないものとして多量の土が一度に持ち込まれ捨てられるようなことがあったとしたらどうでしょうか?当然大きな問題になることは容易に想像できるでしょう。このような理由から、土の処分に注意が必要となるのです。

    たかが土だからという理由で、皆さんのご自宅の庭に勝手に土が捨てられていたら誰でも困りますよね?それと考え方は同じです。公共の場も、自治体や国の所有している場だからです。

    廃棄物処理業者では処分できない

    ここまでに説明の通り、土や砂は廃棄物ではなく自然物となるため、一般・産業廃棄物としての対象製品とはなりません。そのため、処分の依頼は基本的に出来ません。

    つまり、他の不用品のようにお金が掛かっても処分を行ってくれる業者としての選択肢が少ないことを意味しています。すると、処分方法がかなり限定される格好となって来ることが想像できてしまうでしょう。

    最後には廃棄物処理業者に頼めばいいやと考えられない点も、処分の難しさを感じさせられます。

    土の処分方法7選

     土の回収方法は大きく分けて5つあります。土は「廃棄物」としてみなされなかったり、家具や家電とは異なり他の人に譲り渡すことも難しいものです。

    また、お住いの環境によっては利用できる方法も限られ、処分が思うように進まないことも考えられます。

    一般的に、以下のような処分方法が利用できると考えられます。

    ① 自治体での回収を利用する
    ② 園芸店や販売専門店に相談する
    ③ ホームセンターで回収してもらう
    ④ 植物と一緒にネットフリマに出品する
    ⑤ 必要とする人に譲る
    ⑥ 農園等での回収サービスを利用する
    ⑦ 不用品回収業者に依頼する

    上記のように、まずはどのような処分方法を利用できるのかを理解しておき、ご自身の状況に合わせて処分を進めて行くことが良いでしょう。

    自治体での回収を利用する

    先述の通り、多くの自治体では土や砂を回収をしてもらうことはできません。土や砂は、ゴミとして認識されず他のゴミと同じように捨ててはいけないとルールで決まっている場合もあり注意が必要です。

    自治体で回収を行っていない場合は、他の方法での処分を検討しましょう。

    自治体で捨てられないからといって近所の川など別のどこかに捨てにいくことはやめましょう。原則、自分が所有している敷地以外の場所に土を捨ててはいけません。「不法投棄」とみなされる場合があります。不法投棄とみなされた場合、条例違反による罰金が課せられている場合があります。

    不法投棄はご近所トラブルや自治体とのトラブルにも繋がりますので、マナーやルールを守り気持ちよく処分するようにしましょう。

    ② 園芸店や販売専門店に相談する

    お花や観葉植物などを園芸店で購入した場合には、その購入店に処分を相談をしてみると良いしょう。

    購入の際には、「植物」「プランター・鉢」「土」と一度に購入している状況もあるでしょう。特に、植物とは別に一式合わせてを購入している場合には、特に有効かもしれません。

    このような場合には、「枯草となる植物」「一般ゴミで処分可能なプランター・鉢」は自己処分をするものとして、土のみの処分に関して相談をしてみましょう。

    購入店側でも土の処分が難しいものとなる認識はあるため、意外に相談次第で快く回収を引き受けてくれる場合が多いです。特に相談をしなければ何も案内をされない場合がほとんどであるため、積極的に問い合わせましょう。

    土に限らす処分困難となるものについては、自治体側から「購入店・業者に問い合わせて処分を依頼してください」と案内がある場合がほとんどです。そのため、購入元の園芸店等に相談することは決して間違いではありません。

    ホームセンターで回収してもらう

    あまり数は多くありませんが、一部のホームセンターでは土の回収サービスを行っています。例えば、「島忠」では土の回収をしてくれます。

    古い土で植物を栽培すると上手く育たないことがあったり、新しい土を購入して差し替えようと思っても土の処分に困る声が多いなど、そんな悩みのタネを解消するためにサービスが提供しています。

    購入した土製品の袋に、使用済みの土を入れて店舗に持参すると回収してくれます。販売された対象商品に限り行われているサービスとなるため全ての土が対象ではありませんが、処分をしたい土が回収対象の場合は引き取りを依頼できます。

    回収された土はリサイクルをされ新しい土として再度販売がされるなど、環境にも優しいサスティナブルな仕組みです。

    島忠の他に、ユニディにも残土回収サービスがあります。ユニディでは大きな枝や木片などは取り除いて、対象店舗に設置されている土専用の回収ボックスに持ち込むことができます。

    植物と一緒にネットフリマ・オークションに出品する

    購入したものの使用していない土製品がある場合には、未使用品として売却するのも良い方法です。

    また、植物を販売する際に土や鉢を合わせて一緒に販売することで、結果的に処分を行うことも可能です。植物一式を送ることで、余分な土や鉢がある場合には、有効活用しながら手放すことが出来るでしょう。

    しかし、郵送には送料がそれなりに掛かります。送料は大きさ・重さにより変動してくるため、一般的な60サイズの郵送物であれば、同一県内は1,350円程度で送ることができます。

    ただし、植物を含めて出品する場合には、落札されるまでしっかりと枯れないように管理しておく必要があるため、その点だけ注意をしなければなりません。

    ⑤ 必要とする人に譲る

    土を必要としている方が身近にいるようであれば、譲ることで処分を行うことが可能です。園芸や家庭菜園に興味がある方がいれば、積極的に話を持ちかけてみましょう。

    「ジモティー」などの掲示板を使えば知り合いでない人にも譲ることができるので、一度使ってみることがおすすめです。特に、未使用の土や鉢は貰い手も見つけやすいでしょう。

    しかし、欲しい人が見つからない場合、処分が進まないためスケジュール感が掴めづらいことが難点と言えるでしょう。特に、状態が悪い場合は貰い手を見つけにくいです。土を必要としている人は多くはないため、引き取り手を見つけるところで苦戦する傾向にあります。

    また、譲渡の場合は、土の積み込み・運搬などを誰が行うか明確にしておく必要があります。基本的には引き取る側が重機やトラックの手配をしますが、その認識がズレてしまうとトラブルに繋がります。事前にコミュニケーションを取り確認するようにしましょう。

    ⑥ 農園等での回収サービスを利用する

    農園等では、自発的に土の処分の協力を行っている業者も多く存在しています。そういった善意で土の回収を行ってくださる業者をインターネット等で探してみることは有効でしょう。

    基本的にはプランター数個程度の家庭から排出される土が対象となるため、大量の土は引き取ってもらえないことが多いです。もしお住いの近くに処分の協力をしてもらえる農園様がいれば問い合わせてみましょう。

    特に費用が掛るものではなく無料で回収してもらえる場合がほとんどであるため、非常に有難い取り組みといえます。

    このような取り組みは農村地域ではあまり見かけないかもしれませんが、比較的都心部に近く自然も多くなってくる地域の場合に利用できる場合が多いかもしれません。

    不用品回収業者に依頼する

    不要になった土の最もスタンダードな処分方法であり、持ち主の負担も少ないおすすめの廃棄手段です。

    不用品回収に出す処分方法の、メリットとデメリットをご紹介いたします。

    メリットは、電話やメールで依頼をすればすぐに処分が可能であったり、自分の都合にあわせて処分日の指定ができたりする点です。不用品の分別をする必要もありません。
    お得なパックを使えば大量処分も格安で可能だったり、他の不用品と一緒に回収してもらえるのも良い点と言えるでしょう。

    デメリットとしては回収費用がかかったり、単品での回収にはより高い費用がかかることもある点が挙げられます。

    まずはどのくらい料金がかかるのか知るためにも無料見積もりを行うことがおすすめです。

    不用品回収業者に土の処分依頼を出すと、他の処分方法に比べて手間も時間もかからず、たくさんのメリットを受けられます。デメリットは費用がかかることくらいなので、土を処分したい方は積極的に利用してみましょう。

    その他の処分方法

    ここまでに説明した意外にも、例外となる方法で処分が出来る場合もあります。

    全ての人が利用できる方法ではありませんが、活用出る場合には検討してみましょう。

    庭に埋めて処分する

    処分したい土の量が少量であれば庭に埋めるという方法があります。ご自身で所有する庭に埋める・撒くかたちであれば不法投棄にはなりません。

    庭などが無い場合には、家族や親戚の家などで処分させてもらうことも良いでしょう。土・砂・砂利など、どのような種類のものでもそのまま撒いて終えられるため、非常に勝手も良いでしょう。

    土を回収する専門業者を探す

    土の処分を専門に扱う業者は世間的にもそこまで多くはないため、全ての地域で利用できるわけではありませんが、お住いの地域で利用できる回収業者がいれば、依頼をしてみるもの良いでしょう。

    しかし、回収した土がどのような手段によって加工や再利用がされるのかが明確でない場合には、業者を信頼して利用することは難しいと考えられます。そのため、肥料材や建設現場への転用など、目的が明確である場合には依頼しやすいかもしれません。

    また、ありそうで中々存在しない業者でもあるため、まだまだ一般的な業者ではなく利用できない場合が多いでしょう。

    土の処分に関するトラブルシューティング

    前述したように、土は処分しにくい厄介なものです。 重量もありますし、虫が寄てきたりと保管が難しいという点もトラブルにつながるでしょう。

    そこで土地の処分に関するトラブルシューティングをご紹介いたします。

    自治体での引き取り先がない

    多くの自治体では土の回収は行っていません。そのため、基本は購入店に問い合わせて引き取ってもらうことが可能か相談をする必要があります。

    保管ができずに急いで処分が必要となる場合には不用品回収業者への依頼が手っ取り早いでしょう。

    回収をしてもらえない

    まず、購入店(園芸店・ホームセンター)に引き取ってもらうような場合には、購入証明を必要とする場合が多く、ほとんどの人が利用できないことが考えられます。仮にそのまま引き取ってもらえたとしても、土の状態や量などによっては回収を断られる場合があります。

    このような場合は、不用品回収業者に依頼するしか残っている方法ありませんが、手間や時間を考えると不用品回収業者への依頼が楽かもしれません。

    保管に困る

    土の保管は意外に困るものです。特に、ベランダや庭がなかったりすると室内や玄関に置いておくことになり、虫や臭い問題でさらに悩まれる方も多いようです。

    まずはどのような処分方法を選択するにしても、購入時の袋やビニール袋などに何重にも入れて保管状態を確保しましょう。そうすれば、ゆっくり処分方法を考えることができます。

    高額請求をされる

    不用品回収業者や専門の処分業者の中には、オフィスや拠点を明確に出さない業者がいます。住所だけでなく、ホームページがそもそもなかったり、問い合わせ先が個人番号だったりする場合、 悪徳業者の可能性が高いです。

    もちろん、ホームページを制作せずに正しい方法で事業を行っている業者もいますが、悪徳業者はこのような特徴があることが多いので、依頼する場合は会社の所在地などを確認し信頼できるかを判断してみると良いでしょう。

    無料を謳い押してくる業者もいますが、実際は手数料が掛かったり、運搬費を請求されたり、異常な額の費用を後ほど請求してくる可能性もあります。無料といったおいしい話に惑わされないことも重要なポイントです。

    庭作りで土が余ってしまった

    必要な土の量が分からず多めに購入してしまう場合もあるでしょう。今後の庭のお手入れに必要な土を保管しておくこともできますが、見栄えも悪く、虫も湧きやすいので処分したいと考える人も多いようです。

    このような場合はプロの手を借りると良いでしょう。土の処分は不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

    フリマアプリで売れない

    フリマアプリやネットオークションは、誰でも手軽に利用できるオンラインサービスとして人気を集めています。しかし、せっかく綺麗な状態にして出品しても、なかなか商品が売れないというのはよくあることです。

    状態の良いものでも売れない場合はあるので、急いで処分したいという場合にはあまりお勧めできません。特に土は見た目の通りある程度の重さがある物でもあるため、送料の掛かる売買には不向きといえます。

    前述のとおり、送料もかさんだり、買い手にこまめに連絡したりと手間がかなりかかります。時期を決めて、売れない場合は別の方法を考えることをおすすめします。

    まとめ

    土の処分方法には多くの種類があります。自分のライフスタイルに合う処分方法を比較してみましょう。また、自分の手間やかける時間、かかる費用や売値を考えて選択すると良いしょう。

    ここまでの説明通り、土は粗大ゴミよりも処分が難しい品目となります。そのため、より「処分が難しい」と感じられることが大半です。

    そのため、処分困難物関係の処分を進めたい場合には、手間と時間がかからない不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

    土の処分はリユース本舗へ

    今回紹介した内容から自分の目的や状況に合う処分方法を見つけることは出来ましたか?この記事を読んでもまだ処分方法で悩んでいる方もいるかと思います。そんな人にはリユース本舗を紹介します。

    リユース本舗は創業43年の不用品回収業者です。最短25分でお伺いすることができ、見積もり・キャンセル無料で査定することができます。また、今ならWebページからの申し込みでWeb割キャンペーンが適用されます。

    リユース本舗なら業界最安値の4,980円からの料金設定で見積もりもキャンセルも無料です。
    電話相談料や見積もり費用、運搬車両費用、スタッフ増員料金などは一切不要です。

    他にもたくさんの特徴があるので、下記にまとめます。

    ・梱包・分別が不要
    ・Webからのお申込みで割引
    ・無料見積もり
    ・出張見積もり可能
    ・キャンセル料無料
    ・メール・ラインでのお問い合わせ24時間受付中

    リユース本舗では、不用品回収に欠かせない、「廃棄物収集運搬許可証」を行政より取得しているため、安心して利用していただけます。

    これを機にリユース本舗を利用して掃除機を処分してみてはいかがでしょうか。ぜひお気軽にお問い合わせください。

    電話番号:0120-684-225
    営業時間:09:00~20:00
    LINE・メールは24時間受付中です。

    今すぐリユース本舗を利用する

    オオヤマ
    リユース本舗 オオヤマ Twitter

    不用品回収・買取歴10年以上の経験があるベテランスタッフ。お客様に対して心に響くわかりやすいコミュニケーションを意識して日々業務に励んでいます。遺品整理士・特殊清掃士の認定も保有しているため、ゴミ屋敷や遺品整理の現場でも活躍中。

    ほかの品目の捨て方も調べる

    不用品でお困りならお任せください

    • お困りごと例 ①

      不用品や粗大ゴミの回収・処分

      不用品や粗大ゴミの
      回収・処分

    • お困りごと例 ②

      いらなくなった不用品の買取

      いらなくなった
      不用品の買取

    • お困りごと例 ③

      引っ越し時の粗大ゴミ処分

      引っ越し時の
      粗大ゴミ処分

    • お困りごと例 ④

      遺品整理・ゴミ屋敷の清掃

      遺品整理
      ゴミ屋敷の清掃

    不用品回収・不用品買取以外にも
    ゴミ屋敷清掃や引っ越し遺品整理など
    お部屋のお片付けお掃除全般
    対応可能です!!

    各分野において資格保持者が在籍。不用品の処分のついでに「コレもお願いできるかな・・・」などの疑問がございましたら、お気軽にお問合せください。コールセンターが丁寧に相談対応させていただきます。

    4,980(税込)
    相談料0お気軽にご相談ください!

    0120-684-225

    お気軽にご連絡ください

    営業時間:9:00~20:00

    お得にご利用いただけるチャンス Web限定キャンペーン

    不用品回収に併せて無料でお掃除サービス!
    日頃の感謝を込めて、大還元サービス実施中!

    Lパック以上のお客様限定!

    拭き掃除・ワックスがけ
    • 拭き掃除
    • 洗剤拭き掃除

    ハウスクリーニング9,800円 ~

    • 他サービスと併用OK

      他サービスと併用OK

      不用品回収/ゴミ屋敷清掃/遺品整理と併用OK!

    • クリーニングのみOK

      クリーニングのみOK

      ハウスクリーニングのみのご依頼もOK!

    • 対応範囲は制限なし

      対応範囲は制限なし

      一部屋から一軒家まで規模を問わず対応可能

    ハウスクリーニングの詳細はこちら

    料金のご案内

    相談・お見積り・運搬車・スタッフ増員は0円!
    安心の定額コミコミパックなので、お見積りから金額が変わる心配がありません!
    安心してご利用ください!

    定額コミコミパック

    リユース本舗では「SSプラン」から「XLプラン」少しの不用品を回収する「お助けパック」まで幅広いプランをご用意しております。

    SSパック ちょっとした片付けに最適! Sパック 1K程度の片付けにおすすめ!! Mパック 1Kから1DK程度の片付けに Lパック 1DKから1LDK程度の片付けに LLパック 2LDKから3DK程度の片付けに XLパック 3LDKから4LDK程度の片付けに お助けパック あと少しだけ引き取って欲しい時に各パックと合わせてご活用ください 買取強化中!!幅広い不用品をプロが査定

    ※各パックに表示されているトラック・段ボールのイラストはあくまでもイメージとなります。
    ※トラックに積める回収品の量・高さには制限がありますので、1トン等まで積載できるわけではありません。
    ※リサイクル家電・PC関連は除く
    ※一部パックに含まれないものもあり

    「過去に他社で高額請求された…」

    「少しでも安く処分したい!」

    そんな方はリユース本舗へ一度お問合せください!「他社様の見積もり定時で1円でも安い見積もり提示できる自信あり!」お客様にご納得いただける金額にて回収・買取させていただき、ゴミとして処分ではなく、弊社ではリユース!

    料金について詳しくはこちら

    リユース本舗

    東京埼玉千葉神奈川
    全エリア対応!

    東京・埼玉・千葉・神奈川地図
    東京都の対応エリア
    昭島市 , あきる野市 , 足立区 , 荒川区 , 板橋区 , 稲城市 , 江戸川区 , 青梅市 , 大田区 , 奥多摩町 , 葛飾区 , 北区 , 清瀬市 , 国立市 , 江東区 , 小金井市 , 国分寺市 , 小平市 , 狛江市 , 品川区 , 渋谷区 , 新宿区 , 杉並区 , 墨田区 , 世田谷区 , 台東区 , 立川市 , 多摩市 , 中央区 , 調布市 , 千代田区 , 豊島区 , 中野区 , 練馬区 , 八王子市 , 羽村市 , 東久留米市 , 西東京市 , 東村山市 , 東大和市 , 日野市 , 日の出町 , 檜原村 , 府中市 , 福生市 , 文京区 , 町田市 , 瑞穂町 , 三鷹市 , 港区 , 武蔵野市 , 武蔵村山市 , 目黒区
    埼玉県の対応エリア
    上尾市 , 朝霞市 , 伊奈町 , 入間市 , 小鹿野町 , 小川町 , 桶川市 , 越生町 , 春日部市 , 加須市 , 神川町 , 上里町 , 川口市 , 川越市 , 川島町 , 北本市 , 行田市 , 久喜市 , 熊谷市 , 鴻巣市 , 越谷市 , さいたま市 , 坂戸市 , 幸手市 , 狭山市 , 志木市 , 白岡市 , 杉戸町 , 草加市 , 秩父市 , 鶴ヶ島市 , ときがわ町 , 所沢市 , 戸田市 , 長瀞町 , 滑川町 , 新座市 , 蓮田市 , 鳩山町 , 羽生市 , 飯能市 , 東秩父村 , 東松山市 , 日高市 , 深谷市 , 富士見市 , ふじみ野市 , 本庄市 , 松伏町 , 三郷市 , 美里町 , 皆野町 , 宮代町 , 三芳町 , 毛呂山町 , 八潮市 , 横瀬町 , 吉川市 , 吉見町 , 寄居町 , 嵐山町 , 和光市 , 蕨市
    千葉県の対応エリア
    旭市 , 我孫子市 , いすみ市 , 市川市 , 一宮町 , 市原市 , 印西市 , 浦安市 , 大網白里市 , 大多喜町 , 御宿町 , 柏市 , 勝浦市 , 香取市 , 鎌ケ谷市 , 鴨川市 , 木更津市 , 君津市 , 鋸南町 , 九十九里町 , 神崎町 , 栄町 , 佐倉市 , 山武市 , 酒々井町 , 芝山町 , 白子町 , 白井市 , 匝瑳市 , 袖ケ浦市 , 多古町 , 館山市 , 千葉市 , 銚子市 , 長生村 , 長南町 , 東金市 , 東庄町 , 富里市 , 長柄町 , 流山市 , 習志野市 , 成田市 , 野田市 , 富津市 , 船橋市 , 松戸市 , 南房総市 , 睦沢町 , 茂原市 , 八街市 , 八千代市 , 横芝光町 , 四街道市
    神奈川県の対応エリア
    愛川町 , 厚木市 , 綾瀬市 , 伊勢原市 , 海老名市 , 大井町 , 小田原市 , 開成町 , 鎌倉市 , 茅ヶ崎市 , 川崎市 , 寒川町 , 清川村 , 相模原市 , 座間市 , 逗子市 , 大磯町 , 二宮町 , 箱根町 , 秦野市 , 葉山町 , 平塚市 , 藤沢市 , 松田町 , 真鶴町 , 三浦市 , 南足柄市 , 山北町 , 大和市 , 湯河原町 , 横須賀市 , 横浜市 , 中井町

    他社より1円でも高い場合はご相談ください!

    LINE
    MAIL 0120-684-225 LINE・メールは24時間受付
    営業時間:9:00~20:00