即日最短25

営業時間 9:00~20:00

0120-684-225

クレジットカード
MENU

お守りの捨て方6選!無料で処分できる方法をご紹介

お守りの捨て方6選!無料で処分できる方法をご紹介

お守りの捨て方6選!無料で処分できる方法をご紹介

    使わなくなったお守りを処分したいのだけど…

    分かる!昔、身に着けていたお守りをそのままにしちゃってることあるよね

    これって、普通に捨てたりしていいものなのかな?

    そこまで難しいものじゃないから捨てることもできるけど、正しい処分方法を確認してみよう!

    昔、使っていた古いお守りの捨て方・処分方法について困っていませんか?

    お守りは使わなくなってしまうとそのままにしてしまうことも多いです。いざ捨てようとしても「どのような捨て方が正しく、最適なのか?」と悩んでいる人は多いかもしれません。

    比較的購入されやすいアイテムとなるお守りは、保管しておいても場所は取らないものの、処分の方法には頭を捻ってしまうものです。

    そこで今回は、お守りの正しい捨て方・処分方法について詳しくまとめてみました。ぜひ、当記事を見て参考にしてください。

    【この記事でわかること】
    ① お守りを処分するときの注意事項
    ② 処分をする際のタイミング
    ③ お守りの正しい捨て方

    お守りとはどのようなものか

    お守りは、神社やお寺で頂いたり購入することが一般的ですが、購入後は効力の期限が無く使用し続けられるものではないとされています。そのため、購入後に一定の期間が経過したお守りに関しては、適切な方法で処分(返納)することが推奨されます。

    一般的にお守りの効力が持続する期間は1年間と考えられています。そのため、新年を迎えた際に新たなお守りを購入し、古いお守りと取り替えて使用していくことが望ましいでしょう。しかし、厳密に効力の期間が定められているわけではなく、お守りによっては効力が定められている期間が異なる場合も考えられます。

    一定期間が過ぎ効力が失われた状態と考えられるお守りに関しては、お焚き上げによって処分を行うことが一般的な方法です。神社等では毎年特定の時期にお焚き上げを行っている場合が多く、その際に古いお守りを持ち寄り返納することで処分を行うことが可能です。お焚き上げの期間外であっても、窓口で古いお守りの返納を受け付けてくれている神社やお寺もあるでしょう。

    どのような方法で返納・処分を行うにしても、感謝の気持ちを持って神様にお返しするという気持ちが大切です。

    お守りの処分について

    お守りは、祈願や願い事を神様や仏様にお願いする際に使用されるものです。安産祈願・安全祈願・合格祈願など様々な目的に別けてお守りの種類も用意されています。お守りには効力が持続する期間が設けられていると考えられますが、一定の期間を超えて所有し続けていても特に問題はなく使用し続けることができます。

    使用の際には、願い事に合わせて使用することが大切であり、信仰の気持ちが重要です。購入してから返納・処分するまでに、感謝の気持ちを持って扱うことが重要です。

    処分方法については、購入した神社やお寺へ直接返納したり、どんど焼きを利用したりすることが一般的です。購入した神社・お寺によっても異なりますが、郵送にて返納を受け付けている場合もあるでしょう。様々な方法を選択することが可能と考えられますが、処分のタイミングなどについてもあらかじめ確認をしておくと良いでしょう。

    また、処分に困った場合にもお住いの近くでお守りの返納を受け付けている神社もあるでしょう。どのような方法で処分をする場合にでも、感謝や敬意の気持ちは忘れずに適切な処分を行いましょう。

    返納・処分のタイミング

    お守りは、願い事や祈願を成就させるために購入するものです。それぞれのお守りに合わせてご利益があります。

    そのため、願い事や祈願が成就しご利益があったと感じられた際には、その時点で神社やお寺に返納することが望ましいとされています。

    そのままお守りを所有し続けてしまう場合もあるかもしれませんが、それにより特に問題が生じることはありませんが、何かの節目の時期など都合の良いタイミングで返納を行うことが適切でしょう。

    ご利益が成就したことへの感謝の気持ち伝える意味でも、正しく返納を行う頃が適切でしょう。

    一般的に、返納・処分に際し費用などが掛かることはありませんが、お焚き上げ等を依頼する場合には神社やお寺にお気持ちを添えることも大事でしょう。

    返納先が近くに無い場合は?

    現在所有しているお守りが、遠方の神社やお寺で購入したものである場合には、現地に行って返納を行うことが難しい場合があります。

    その場合には、『古神札納め所』のある神社に納めることが適切です。これらは、お守りや神札の返納を受け付けている場所となり、様々な神社で購入したお守りも持ち込むことが可能となっています。また、基本的に費用も掛かりません。

    もしも、お住いの近くに古神札納め所のある神社がない場合や、自己処分をしなければならない状況が生じた場合には、各地域や宗派にごと合わせて適切な方法を確認して処分を行いましょう。

    どのような処分方法を選択するにしても、事前に神社やお寺に相談をしてみて、適切な方法を確認してから行動することが大切です。

    まずは、お近くの神社やお寺に相談をしてみて返納や処分方法を検討してみることも良いでしょう。

    金属製等の特殊なお守りの処分は?

    神社によっては、商売繁盛などの目的で一風変わったお守りを販売している場合もあります。そのため、金属製のお守りなども存在しています。

    このような場合、基本的には購入した神社まで出向いて返納することが望ましいです。しかし、難しい場合には一度相談の連絡を入れてから対応方法を検討した方が良いでしょう。郵送にて返納を受け付けている場合もあるかもしれませんし、処分に際して最適な方法を案内される場合もあるでしょう。

    また、それ以外の特殊なお守りの場合には、最終的に不要物として処分を行わなければならない場合も出てきます。その際には、費用が掛るかもしれませんが専門の業者に依頼を行い処分を依頼するという方法も考えてみましょう。

    お守りを処分する時の注意事項

    お守りを処分する時には、正しい知識のもと適切な方法で処分をすることが望ましいと考えられます。

    特に難しい作りにはなっていないため、一般ゴミとして処分しやすいイメージが湧きますが、そもそも神社から頂いてくるものでもあるため、作法を守って適切に処分をすることが望ましいです。

    また、処分に際して難しさを感じる要因としては、効果や効能、使用期限などが明確に定まっているものではないことが原因になるでしょう。このような理由から、いざ捨てようと思った場合にも、一旦どうしようかと考えがちです。

    普通に考えてしまうと、可燃ゴミで簡単に捨てられますが「その捨て方で処分してしまって良いのか?」と考えさせられることが、さらに処分を難しくさせるかもしれません。

    さらに具体的かつ明確に処分に関するルールが無いという問題もあります。厳密に必ず「こうするべきだ」という流れもないものです。

    お守りの捨て方・処分方法6選

    お守りを処分する方法は、無料のものから有料で処分できるものまで様々です。

    ここでは、お守りを捨てる際に利用できる6つの方法をご紹介しています。まず、考えられる処分方法について一覧にまとめてみました。

    処分方法処分可否詳細
    購入先の神社に返納する可能 (無料)基本的に引き取り可能
    古神札納め所のある神社に納める可能 (有料)どちらで購入したお守りでも処分可能
    近くの神社でお焚き上げをしてもらう可能 (有料)相談の上、利用可能な場合あり
    引き取り可能な神社に引き取ってもらう可能 (有料)相談の上、利用可能な場合あり
    どんど焼きで焚き上げをする可能 (無料)利用できる機会が限られる
    不用品回収業者に依頼する可能 (有料)基本的にどんなものでも回収してもらえる

    通常の不用品の処分とは異なる点として、ゴミ収集による処分は選択肢に入らない状況があります。

    そのため、上記のように専門的な対応となる処分方法の中から選ぶことが一般的です。あとは時間や手間と相談してどちら方法を選ぶかだけとなります。そのため、できるだけ納得がいく方法で処分ができるかが重要となりそうです。

    もちろん、ご自身で納得して処分ができるのであれば、一般ゴミ収集の可燃ゴミで捨てることもできます。特に、ルールに反するようなことは無いため、気持ちの問題と考えることもできるでしょう。

    ① 購入先の神社に返納する

    この方法による処分が最も分かりやすくオススメの方法となります。

    もともとお守りを売っていた神社となれば、返納・引き取りを拒否されるようなことはまずありません。相談をすれば更に細かく処分についてお願いすることができると思いますので、非常に安心して処分することが可能です。

    ただし、こちらの場合には購入先の神社が近く直接足を運ぶことが可能である場合に限られてきます。そうでない場合には、別の処分方法を探してみた方が良いでしょう。

    ② 古神札納め所のある神社に納める

    あまり馴染みがないかもしれませんが、古神札を収めることができる専門の神社が存在しています。こちらでは、どちらの神社・お寺のお守りでも処分してもらうことが可能です。

    お守りや神札などは処分が難しいという側面があるためか、こういった納め所が存在しており簡単に処分が可能な環境が設けられています。

    古神札納め所のある神社が近場に存在していれば直接持ち寄れば問題ありません。神社によっては郵送にで処分に対応してくれる場合もあるため、問い合わせてみることも良いでしょう。

    ③ 近くの神社でお焚き上げをしてもらう

    お守りを購入した神社や古神札納め所のある神社が近場に無い場合には、最寄りの神社に一度相談してみると良いでしょう。

    その際、どんな神社を選んでも良いということではなく、基本的にお焚き上げを行ってくれる神社であるかどうかが重要です。

    他所で購入したお守りや神札などでも問題ないようならば、お焚き上げをお願いしましょう。この際、御礼はしっかり行いましょう。

    ④ 引き取り可能な神社に引き取ってもらう

    近場で処分が行える神社が存在していない場合には、郵送することで引き取りを行ってもらえる神社に相談をして処分をお願いしましょう。

    インターネットで探すなど処分を請け負ってくれる神社を探してみると良いでしょう。お焚き上げもお願いできる神社であることが最適です。

    ただし、この方法で処分が行える場合には対応費用を取られる場合がありますので、そこは事前に頭に入れておきましょう。

    ⑤ どんど焼きで焚き上げをする

    自ら処分をする方法として、各地域で行われているどんど焼きを活用してお焚き上げをしましょう。

    祭事物などを処分する機会でもあるため、お守りや神札・正月飾りを合わせて処分することも間違いではないでしょう。

    余裕があれば、毎年この機会に処分したいものが無いか確認をしてみると良いかもしれません。

    ただし、この方法は利用できる機会が限られてしまうことが一番の問題です。年明け以降、年に一度の機会のみとなるため、そのタイミングを逃すと処分はできません。

    基本的に、各地域の神社等では年明け後にお守りや神札・正月飾りを集めてどんど焼きを行う準備を行っていますので、忘れずにチェックしておく方が良いでしょう。

    その他、地域ごとに河原や海岸などでもどんど焼きを行っています。火を焚きどんど焼きが行われるタイミングに処分したいものを持ち寄り、投げ入れることでも利用ができるでしょう。

    ⑥ 不用品回収業者に依頼する

    お守りの捨て方・処分方法の1つとして、「不用品回収業者に依頼する」を利用するという方法も良いでしょう。自ら地域の一般ゴミで捨てることもできますが、直接自分で捨てる行為が憚られるようであれば、不用品回収業者に回収を依頼して処分をお願いしてしまいましょう。

    不用品回収業者は、家庭の不要なものを回収してくれる便利な業者です。家具はもちろん、壊れた家電や使わない日用品や生活用品などにも対応してくれるので、たくさんの不用品をまとめて処分したいという人には特におすすめです。

    不用品回収業者は民間の企業なので、中には高額な料金を請求された、不法な廃棄をしている悪質な業者もありますので、注意が必要です。安心できる業者を選ぶには、「廃棄物収集運搬許可証」を取得しているかどうかを確認することが大切です。

    まずは、複数の業者から見積もりを出してもらうと良いでしょう。料金やサービス内容に納得できれば、自分の都合の良い日時を決めて回収依頼をします。話がまとまれば、その日の内に回収してもらうこともできるので非常に便利です。

    今回の処分方法の中では唯一、一般的な捨て方となります。不用品回収業者ではお焚き上げ等の対応を行ってもらうことはできないため、特に通常の処分方法で問題ないとお考えの場合には依頼をしてしまいましょう。

    お守りの処分に関するトラブルシューティング

    お守りの処分の際にはトラブルや問題点・不安点もつきものです。

    どう対処すれば良いのか分からないのに周りに聞ける人がいなかったり、あれこれやっても思ったように処理できなかったりするとイライラしてしまうこともあるでしょう。

    処分に関するいくつかのトラブルシューティングについて詳しく見てみることにしましょう。

    燃えるゴミとして捨ててはいけない?

    お守りは神様や仏様からのご利益を得るものとして使用するものです。そのため、特別なものとして扱うことに意味があり重要であると考えられます。

    先述の通り、神社やお寺に返納することが適切でると考えられるため、願い事や祈願が成就したからと、安易に燃えるゴミなどで処分を行うことは避けた方が良いでしょう。

    気持ち的な問題もあるかもしれませんが、自分で処分するのはできるだけ避けた方が良いかもしれません。また、スッキリした気分で捨てることもできない場合もあるので、悩むようであれば神社に処分を依頼しましょう。

    しかし、止むを得ず燃えるゴミとして処分をしなければならないという場合もあるでしょう。そんな時には、お守りを綺麗に包み、合わせて紙袋や新聞紙に包みゴミとして出すようにしましょう。感謝の気持ちをもち丁寧に扱うことが大切です。

    礼儀や作法を意識しがちですが、可燃ゴミとして処分することも間違いではありませんので、納得して捨てることができるのであれば悪い方法でもないかもしれません。

    自分で供養はしない・燃やさない

    お焚き上げをした方が良いという感覚が強い場合に、自らお焚き上げ同様に燃やして処分をしようとする場合があります。

    お守りは、返納を行いお焚き上げをしてもらうという印象が強いものとなりますが、ご自身の手で燃やすということは望ましい対応とはいえません。場合によっては、神様や仏様に対して失礼な行為となり、不適切と考えられるかもしれません。

    しかし、こちらが正しい流れの処分方法かどうかといわれると、決してYESといえるものではないでしょう。やはり、専門家の対応のもと処分を進められることが適切です。

    様々な方法で返納や処分を行うことができますので、まずは処分方法についてしっかりと調べて正しい方法を選択しましょう。

    そのため、自らお焚き上げを行うなどの対応を行うくらいであれば、止むを得ず急いで処分を優先するような場合は、先述の通りゴミとして処分した方がまだ良いかもしれません。

    中身を開けて見たりしない

    お守りの中身はあまり見る機会は無いものです。そのため、使用目的を終えたお守りの中身を確認してみ見ようと思うことも多いでしょう。

    購入から時間が経過し、願い事や祈願が成就して使用目的がなくなったお守りだからといって粗末に扱うことは避けなければなりません。そのため、中身を見たりすることは適切ではないでしょう。

    しかし、お守りは神様や仏様のご加護を受けるためのものでもあるため、神聖さが損なわれる行為になります。

    使用中、使用済みに関わらず中身を見るような行為は行わずに処分を進めることが適切でしょう。

    他の注意点同様に、神様や仏様に対して失礼な行為となりかねないため、不必要な行為は行わないように心がけましょう。

    寺院のお守りを神社やお寺に返さない

    ここまでの説明の中にも『神社やお寺』という表現がありますが、それぞれの場所で購入したお守りごとに、それぞれの宗派などによって意味合いが異なる場合があります。

    そのため、「神社で購入したものを神社へ」返納したり、「お寺で購入したものをお寺へ」返納することは間違いありませんが、「神社の物をお寺に」「お寺の物を神社に」それぞれ返すことは間違いです。

    違う宗派や神社・お寺に返納を行うことは、相手方に対して無礼な行為となります。判断に悩む難しい場合がある時には、古神札納め所のある神社に相談してみると良いかもしれません。

    古いお守りを他人に譲渡しない

    お守りの効果があり願い事が成就したとしても、幸せをおすそ分けするような目的で他者にお守りを譲渡するようなことは適切ではないでしょう。「効果があったから」と他者にあげる行為については、推奨される行為ではありません。

    もちろん、悪気があって行うことではないと考えられますが、本来の目的とは異なるかたちで使用されることとなるため、可能であれば避けましょう。

    誤った扱い方をしてもバチが当たるなどのことはないと考えられますが、捉え方によっては注意が必要な場合もあるかもしれません。お守りのように肌身離さず持っているものは、人の想いや念のような物が宿る考えもあります。そういった想いや念は良いものもあれば悪いものもあるかもしれません。

    お守りにどのような力が宿っているかも分からないですし、譲渡した相手にどのような影響がでるかもわかりません。そのような背景から、何か悪いことがあっても良くないため、譲渡をすることはオススメできないかもしれません。

    見た目に大きな違いはありませんが、使用状況によっては扱い方には十分に注意する必要があるかもしれません。

    まとめ

    お守りの処分には、そこまで費用を掛けずにいくつかの捨て方を選択することができることが分かりました。処分方法については、この記事でご紹介した方法から選ぶことができます。

    • 購入先の神社に返納する
    • 古神札納め所のある神社に納める
    • 近くの神社でお焚き上げをしてもらう
    • 引き取り可能な神社に引き取ってもらう
    • どんど焼きで焚き上げをする
    • 不用品回収業者

    これらの6つの処分方法がありますので、どちらの処分方法が良いのかは、一番納得できる方法で選ぶようにしましょう。

    お守りの処分はリユース本舗へ

    今回紹介した内容から自分の目的や状況に合う処分方法を見つけることは出来ましたか?この記事を読んでもまだ処分方法で悩んでいる方もいるかと思います。そんな人にはリユース本舗を紹介します。

    リユース本舗は創業43年の不用品回収業者です。最短25分でお伺いすることができ、見積もり・キャンセル無料で査定することができます。また、今ならWebページからの申し込みでWeb割キャンペーンが適用されます。

    リユース本舗なら業界最安値の4,980円からの料金設定で見積もりもキャンセルも無料です。
    電話相談料や見積もり費用、運搬車両費用、スタッフ増員料金などは一切不要です。

    他にもたくさんの特徴があるので、下記にまとめます。

    ・梱包・分別が不要
    ・Webからのお申込みで割引
    ・無料見積もり
    ・出張見積もり可能
    ・キャンセル料無料
    ・メール・ラインでのお問い合わせ24時間受付中

    リユース本舗では、不用品回収に欠かせない、「廃棄物収集運搬許可証」を行政より取得しているため、安心して利用していただけます。

    これを機にリユース本舗を利用して掃除機を処分してみてはいかがでしょうか。ぜひお気軽にお問い合わせください。

    電話番号:0120-684-225
    営業時間:09:00~20:00
    LINE・メールは24時間受付中です。

    今すぐリユース本舗を利用する

    ほかの品目の捨て方も調べる

    不用品でお困りならお任せください

    • お困りごと例 ①

      不用品や粗大ゴミの回収・処分

      不用品や粗大ゴミの
      回収・処分

    • お困りごと例 ②

      いらなくなった不用品の買取

      いらなくなった
      不用品の買取

    • お困りごと例 ③

      引っ越し時の粗大ゴミ処分

      引っ越し時の
      粗大ゴミ処分

    • お困りごと例 ④

      遺品整理・ゴミ屋敷の清掃

      遺品整理
      ゴミ屋敷の清掃

    不用品回収・不用品買取以外にも
    ゴミ屋敷清掃や引っ越し遺品整理など
    お部屋のお片付けお掃除全般
    対応可能です!!

    各分野において資格保持者が在籍。不用品の処分のついでに「コレもお願いできるかな・・・」などの疑問がございましたら、お気軽にお問合せください。コールセンターが丁寧に相談対応させていただきます。

    4,980(税込)
    相談料0お気軽にご相談ください!

    0120-684-225

    お気軽にご連絡ください

    営業時間:9:00~20:00

    お得にご利用いただけるチャンス Web限定キャンペーン

    不用品回収に併せて無料でお掃除サービス!
    日頃の感謝を込めて、大還元サービス実施中!

    Lパック以上のお客様限定!

    拭き掃除・ワックスがけ
    • 拭き掃除
    • 洗剤拭き掃除

    ハウスクリーニング9,800円 ~

    • 他サービスと併用OK

      他サービスと併用OK

      不用品回収/ゴミ屋敷清掃/遺品整理と併用OK!

    • クリーニングのみOK

      クリーニングのみOK

      ハウスクリーニングのみのご依頼もOK!

    • 対応範囲は制限なし

      対応範囲は制限なし

      一部屋から一軒家まで規模を問わず対応可能

    ハウスクリーニングの詳細はこちら

    料金のご案内

    相談・お見積り・運搬車・スタッフ増員は0円!
    安心の定額コミコミパックなので、お見積りから金額が変わる心配がありません!
    安心してご利用ください!

    定額コミコミパック

    リユース本舗では「SSプラン」から「XLプラン」少しの不用品を回収する「お助けパック」まで幅広いプランをご用意しております。

    SSパック ちょっとした片付けに最適! Sパック 1K程度の片付けにおすすめ!! Mパック 1Kから1DK程度の片付けに Lパック 1DKから1LDK程度の片付けに LLパック 2LDKから3DK程度の片付けに XLパック 3LDKから4LDK程度の片付けに お助けパック あと少しだけ引き取って欲しい時に各パックと合わせてご活用ください 買取強化中!!幅広い不用品をプロが査定

    ※各パックに表示されているトラック・段ボールのイラストはあくまでもイメージとなります。
    ※トラックに積める回収品の量・高さには制限がありますので、1トン等まで積載できるわけではありません。
    ※リサイクル家電・PC関連は除く
    ※一部パックに含まれないものもあり

    「過去に他社で高額請求された…」

    「少しでも安く処分したい!」

    そんな方はリユース本舗へ一度お問合せください!「他社様の見積もり定時で1円でも安い見積もり提示できる自信あり!」お客様にご納得いただける金額にて回収・買取させていただき、ゴミとして処分ではなく、弊社ではリユース!

    料金について詳しくはこちら

    リユース本舗

    東京埼玉千葉神奈川
    全エリア対応!

    東京・埼玉・千葉・神奈川地図
    東京都の対応エリア
    昭島市 , あきる野市 , 足立区 , 荒川区 , 板橋区 , 稲城市 , 江戸川区 , 青梅市 , 大田区 , 奥多摩町 , 葛飾区 , 北区 , 清瀬市 , 国立市 , 江東区 , 小金井市 , 国分寺市 , 小平市 , 狛江市 , 品川区 , 渋谷区 , 新宿区 , 杉並区 , 墨田区 , 世田谷区 , 台東区 , 立川市 , 多摩市 , 中央区 , 調布市 , 千代田区 , 豊島区 , 中野区 , 練馬区 , 八王子市 , 羽村市 , 東久留米市 , 西東京市 , 東村山市 , 東大和市 , 日野市 , 日の出町 , 檜原村 , 府中市 , 福生市 , 文京区 , 町田市 , 瑞穂町 , 三鷹市 , 港区 , 武蔵野市 , 武蔵村山市 , 目黒区
    埼玉県の対応エリア
    上尾市 , 朝霞市 , 伊奈町 , 入間市 , 小鹿野町 , 小川町 , 桶川市 , 越生町 , 春日部市 , 加須市 , 神川町 , 上里町 , 川口市 , 川越市 , 川島町 , 北本市 , 行田市 , 久喜市 , 熊谷市 , 鴻巣市 , 越谷市 , さいたま市 , 坂戸市 , 幸手市 , 狭山市 , 志木市 , 白岡市 , 杉戸町 , 草加市 , 秩父市 , 鶴ヶ島市 , ときがわ町 , 所沢市 , 戸田市 , 長瀞町 , 滑川町 , 新座市 , 蓮田市 , 鳩山町 , 羽生市 , 飯能市 , 東秩父村 , 東松山市 , 日高市 , 深谷市 , 富士見市 , ふじみ野市 , 本庄市 , 松伏町 , 三郷市 , 美里町 , 皆野町 , 宮代町 , 三芳町 , 毛呂山町 , 八潮市 , 横瀬町 , 吉川市 , 吉見町 , 寄居町 , 嵐山町 , 和光市 , 蕨市
    千葉県の対応エリア
    旭市 , 我孫子市 , いすみ市 , 市川市 , 一宮町 , 市原市 , 印西市 , 浦安市 , 大網白里市 , 大多喜町 , 御宿町 , 柏市 , 勝浦市 , 香取市 , 鎌ケ谷市 , 鴨川市 , 木更津市 , 君津市 , 鋸南町 , 九十九里町 , 神崎町 , 栄町 , 佐倉市 , 山武市 , 酒々井町 , 芝山町 , 白子町 , 白井市 , 匝瑳市 , 袖ケ浦市 , 多古町 , 館山市 , 千葉市 , 銚子市 , 長生村 , 長南町 , 東金市 , 東庄町 , 富里市 , 長柄町 , 流山市 , 習志野市 , 成田市 , 野田市 , 富津市 , 船橋市 , 松戸市 , 南房総市 , 睦沢町 , 茂原市 , 八街市 , 八千代市 , 横芝光町 , 四街道市
    神奈川県の対応エリア
    愛川町 , 厚木市 , 綾瀬市 , 伊勢原市 , 海老名市 , 大井町 , 小田原市 , 開成町 , 鎌倉市 , 茅ヶ崎市 , 川崎市 , 寒川町 , 清川村 , 相模原市 , 座間市 , 逗子市 , 大磯町 , 二宮町 , 箱根町 , 秦野市 , 葉山町 , 平塚市 , 藤沢市 , 松田町 , 真鶴町 , 三浦市 , 南足柄市 , 山北町 , 大和市 , 湯河原町 , 横須賀市 , 横浜市 , 中井町

    他社より1円でも高い場合はご相談ください!

    LINE
    MAIL 0120-684-225 LINE・メールは24時間受付
    営業時間:9:00~20:00