即日最短25

営業時間 9:00~22:00

0120-684-225

クレジットカード
MENU
植木の処分方法6選!大きな植木は自分で伐採は危険

植木の処分方法6選!大きな植木は自分で伐採は危険

    「植木を他のものに植え替えたい」「駐車場を作るために植木を処分したい」「お隣さんに迷惑がかかっているので植木を処分したい」など植木の処分を考えている方はいらっしゃいませんか。

    植木を処分する際の注意点や無料で捨てる方法など、疑問に思う方がいらっしゃるかもしれません。

    今回は、植木の処分方法について紹介していきます。

    植木を処分する時の注意事項

    植木を処分するときの注意点ってあるの?

    あまりに大きい植木は、自分で処分しないなどいくつか注意がありますよ。

    植木を処分するときの注意事項は以下の通りです。

    • 自分で伐採は危険
    • 切り株も処分しよう
    • 供養する
    • 伐採したらすぐに処分する
    • 雨の日は伐採しないようにする
    • 植木の処分の費用を抑える

    植木を処分するときの注意事項について、それぞれ説明します。

    自分で伐採は危険

    植木を処分するために、小さな植木であれば自分で伐採する事は問題ありませんが、大きな植木の場合には自分で伐採するのはとても危険です。

    植木を伐採し倒した時に、幹の下敷きになったり、枝がぶつかったりして怪我をする恐れがあります。また伐採をする際に利用するチェーンソーの使い方にも注意が必要です。伐採の現場では、専門の職人であっても怪我をして、時には死亡することもあるのです。

    伐採には、木の倒れ方をしっかりと計算する必要があります。そのため大きな植木を処分する際には、自分で伐採しないようにしましょう。

    植木を処分する際の注意点として、植木を供養した方が良いということがあります。

    神社に御神木があるように、木には精霊が宿っているといわれています。そのため、伐採する際にはしっかりと供養しておいた方が良いのです。

    まず自分でお清め供養する場合には、塩と清酒を使ってお清めします。はじめに伐採する植木の四角に塩と酒を少量ずつ撒きます。

    そして植木に対して、感謝と謝罪の気持ちを心に思い唱えていきます。大事なのは、植木に対する気持ちを持つということです。

    また、神主や僧侶に供養してもらうこともできます。神社にお願いすれば、神主がきちんと供養をおこなってくれるでしょう。初穂料としては、神社により異なってくるので、ホームページで調べたり問い合わせるといいでしょう。

    僧侶にお願いする場合には、ゆかりのあるお寺に問い合わせるといいでしょう。

    伐採したらすぐに処分する

    処分するために伐採した植木は、早めに処分するようにしましょう。植木には葉っぱがついていますが、伐採した後に放置していると枯れてしまい、葉が落ちてしまいます。

    そうすると枯れ葉を集めなければいけなくなり、手間がかかってしまいます。

    伐採した植木をそのまま処分すれば、葉も一緒に捨てられます。

    雨の日は伐採しないようにする

    植木を処分するために、雨の日には植木を伐採しないようにしましょう。雨が降ると植木が水を吸い重くなってしまいます。そのため伐採した植木の移動が大変になってしまうのです。

    また伐採した植木を一定期間保管する場合にも、シートなどでかぶせて水で濡れないようにする工夫が必要です。

    そのように乾燥した植木を処分するのであれば、スムーズに運搬できるようになります。

    植木の処分の費用を抑える

    植木の処分の費用を抑えるには、伐採できる植木は自分で処分するということがあります。先ほど説明したように、大きな植木の場合には危険が伴うため自分で伐採しない方が良いです。

    しかし小さな植木であれば、自分で伐採できることがあります。自分で伐採すれば、その分、業者に依頼した時にも費用を抑えることができるのです。植木を伐採するには、道具が必要ですがあまり高価なものは必要ありません。ホームセンターで買えるような簡易的な工具を購入すれば良いでしょう。

    またホームセンターによっては、工具をレンタルしてくれているところもあります。
    例えば、島忠ホームズでは電動のこぎりが1泊330円でレンタルできます。

    電動ノコギリは、ノコギリの歯が前後に動くことで植木を切断することができる工具です。手動の工具であるノコギリに近い感覚で使うことが可能です。

    植木の処分方法6選

    それでは、植木の処分方法について、見ていきましょう。
    植木の処分方法は、以下の通りです。

    • 自治体のゴミ回収に出す
    • クリーンセンターに持ち込む
    • リサイクルショップに依頼する
    • 不用品回収してもらう
    • 家族、友人、知人に譲る
    • 自分で販売する

    植木の処分方法について、それぞれ説明します。

    自治体のゴミ回収に出す

    植木の処分方法1つ目は、自治体の可燃ゴミとして出すという方法です。植木の木は、燃やせるため可燃ゴミとして出すことが可能です。

    可燃ゴミで出す場合には、自治体専用のゴミ袋に入れる必要があります。そのため植木は、ゴミ袋に入る大きさである必要があります。つまり伐採した植木を、さらに細かくゴミ袋に入るだけの大きさにする必要があるのです。

    このように一手間かかりますが、植木を自治体の可燃ゴミとして捨てることは可能です。

    植木の可燃ゴミの出し方は、以下の通りです。

    1. 自治体のゴミ袋を用意する
    2. ゴミ袋に入る大きさに植木を切断する
    3. 可燃ごみの日に捨てる

    クリーンセンターに持ち込む

    植木の処分方法2番目は、クリーンセンターへ持ち込むという方法です。

    クリーンセンターとは、地域ごとに設置されている地方自治体が運営するごみ処理施設のことです。
    植木の量が多く可燃ごみに出せない場合には、クリーンセンターに持ち込み処分してもらう事が可能です。

    クリーンセンターに持ち込むには、実際に電話してあらかじめ持ち込む日を決めておけば、有料で引き取ってもらえます。

    植木の量にもよりますが、平均的には数百円から1,000円程度で引き取ってもらえます。そしてクリーンセンターに持ち込む際には、土をどうするかも確認しておくことが必要です。

    土も一緒に処分してくれる場合もあるので、問い合わせてみると良いでしょう。

    リサイクルショップに依頼する

    植木の処分方法3つ目は、リサイクルショップに依頼するという方法です。

    リサイクルショップに処分してもらえれば、植木をリサイクルしてもらうことができるため環境に優しいです。
    リサイクルショップによっては、回収まで来てくれるところもあるので問い合わせてみると良いでしょう。

    植木をリサイクルショップに回収してもらうと、工場で粉砕され、チップやペレットと呼ばれる木片にリサイクルされます。
    チップやペレットは、製紙会社などに販売されリサイクルペーパーの材料や燃料として活用されます。

    家にあった植木をただ処分するのは罪悪感があるという方は、リサイクルショップを使ってリサイクルするのがいいかもしれません。

    不用品回収してもらう

    植木の処分方法4番目は、不用品回収の業者に依頼するという方法です。
    不用品回収の業者でも、植木の種類にかかわらず回収してもらうことが可能です。

    土も一緒に引き取ってくれる場合があるため、不用品回収の業者に問い合わせてみると良いでしょう。

    不用品回収の業者によっては、業者の都合が合えば当日でも来てもらえる場合があります。

    不用品回収の業者に依頼するメリットというのは、利便性高いということです。植木以外にも、庭や家のもので不要なものがあれば、一緒に回収してもらえます。

    家族、友人、知人に譲る

    植木を処分する5つ目の方法は、家族、友人、知人に譲るという方法です。

    家族、友人、知人の中で自分の庭にある植木に興味を持っている人がいれば譲ってあげることができます。家族や友人であれば、安心して植木を預け処分することが可能です。

    また友人や家族に譲る場合には、注意が必要です。それは植木の移動をどうするかということです。
    植木を掘り起こして、安全に友人や家族の家まで届ける必要がありますが、届ける移動手段をどうするかをお互いに相談して決めていく必要があります。

    またその際に植木を安全に取り外し、移動するために自分たちでやらず、業者に頼むという方法もあります。あまり大きな植木の場合には業者に依頼するのも良いでしょう。

    自分で販売する

    植木の処分方法6つ目は、自分で売るということです。フリマアプリなどを使って伐採した植木を販売できます。

    フリマアプリなどを使えば、植木の処分費用を抑えられるだけでなく、収入も得られる可能性があります。フリマアプリなどを使って販売する場合には、出品し、売れるまで待ち、手続きをして送るなどの手間がかかります。

    個人間での取引になるため、運搬方法や商品状態の説明などをしっかりし、トラブルが起きないようにする必要があります。

    また珍しい植木の場合には、買取業者に売るという方法もあります。杉などの珍しい木材の場合には、買取業者に問い合わせてみると高い価格で買い取ってもらえる可能性があります。

    植木の処分に関するトラブルシューティング

    植木を処分する際に、次のような問題があるかもしれません。

    • 植木の切り方が分からない
    • 植木が大きすぎて処分できない
    • 植木の根っこの処分ができない

    植木の処分に関するトラブルシューティングについて、それぞれ説明します。

    植木の切り方が分からない

    大きな植木の場合には、どのように伐採して処分したらいいかわからないかもしれません。結論から言えば大きな植木の伐採は業者に依頼した方が良いでしょう。

    脚立などを利用して自分で伐採できるならば費用を抑えられるため、自分で処分する方法があります。

    しかしよく育ち大きくなった植木の場合には、伐採に危険が伴うため自分で伐採するのはおすすめしません。

    誤って伐採してしまい、自分が怪我をするだけでなく、近隣の住居を傷つけてしまう可能性があるからです。

    植木が大きすぎて処分できない

    植木が大きすぎて処分できない場合には、やはり業者に依頼した方が良いでしょう。

    大きすぎる植木の場合には、重機を使ったりして伐採・運搬する必要が出てきます。そのような重機を自分で使うには、あまりに危険です。

    そのため伐採業者や廃品回収等の業者に依頼した方が良いでしょう。

    植木の根っこの処分ができない

    業者に植木を伐採してもらった際に、根っこが残ったままで新たに芽が生えてしてしまったり、歩いている時につまずいてしまう可能性があります。

    そこでしっかり、根っこは処分しておいた方が良いでしょう。

    植木の根っこの処分は、多くの場合自分でできます。根っこの処分には、シャベルで周りを少しずつ掘っていくと抜けていきます。土が硬かったり、石がたくさん入って掘れない場合には、除草剤を根っこにかけて枯らしてから抜くと抜きやすくなります。

    しかしながら、あまりに大きな根っこの場合には自分で取れないこともあるため、オプション料金がかかりますが無理をせず業者に依頼すると良いでしょう。

    植木処分にかかる費用は?

    植木の伐採処分、根っこの処分に関する費用相場は以下の通りです。

    作業内容費用相場
    高い木の伐採25,000円〜
    大きな木の伐採15,000円〜40,000円
    小さな植木の伐採3,000円〜
    植木の処分12,000円〜80,000円
    抜根作業2,000円〜

    伐採費用は作業料と処分費用の合計額がかかります。作業料には伐採作業料のほか、人件費や技術料、高所作業料、道具使用料などが入ってきます。

    高さ6メートルを超える場合には、別の見積もりが必要となってきます。費用相場には幅があるため、伐採業者や不要品回収業者に問い合わせてみると良いでしょう。

    植木の伐採は高さ1.5メートル、3メートル、4メートルと高さによって費用が異なってきます。

    抜根作業は、植木の高さ1.5メートル程度までであれば数千円程度でしてもらえますが、切り株の直径が35センチメートルを超えてくると費用が上がってきます。

    その他に大きな植木を処分する際に重機を利用すると追加オプションがかかります。
    10tのクレーン車で80,000円から100,000円程度の費用がかかります。

    植木の処分費用を抑えるためには?

    植木の処分費用を抑えるためには、複数の業者に相見積もりすると良いです。相見積もりする場合には、処分したい植木の高さ、大きさ、本数などを伝えると良いでしょう。

    複数の業者に相見積もりとることで相場が分かり、適正な価格のところに依頼できます。

    植木を処分するのに必要な道具

    自分で植木を処分する場合に、必要な道具について紹介していきます。

    まず木を伐採するには、ノコギリやチェーンソーが必要です。チェンソーは購入すると高いため、レンタルを利用するのがおすめです。ホームセンターなどでレンタルできます。また高い木を伐採する場合には、脚立があると便利です。

    そして木の根っこを掘り起こすには、スコップがあると良いでしょう。園芸用の小さなものでも充分です。植木の伐採によって木クズが出た場合には、掃除するのにほうきやちりとりがあると便利です。

    抜根作業で、スコップで掘り起こせばできる場合には問題ありませんが、根っこまで取りきるためには除草剤を使うと良いでしょう。

    まとめ

    植木の処分は、小さい植木であれば細く切って自治体の可燃ゴミとして回収してもらうことが可能です。

    一方、大きな植木の場合には可燃ゴミで出せないため、クリーンセンターに持ち込む、リサイクルショップ不用品回収などを利用していきます。また、フリマアプリなどを使って、自分で販売することも可能です。

    植木を伐採する際には、いくつか注意点があります。

    まず大きな植木の場合には、伐採には危険が伴うので、注意しましょう。そして、切り株の根っこまでしっかりと処分します。植木には精霊が宿っているとされているため、伐採する際には供養するようにしましょう。

    植木の処分の中でも、不用品回収の業者を利用すれば、様々な回収に対応してくれるため安心です。

    植木の処分はリユース本舗へ

    今回紹介した内容から自分の目的や状況に合う処分方法を見つけることは出来ましたか?この記事を読んでもまだ処分方法で悩んでいる方もいるかと思います。そんな人にはリユース本舗を紹介します。

    リユース本舗は創業43年の不用品回収業者です。最短25分でお伺いすることができ、見積もり・キャンセル無料で査定することができます。また、今ならWebページからの申し込みでWeb割キャンペーンが適用されます。

    リユース本舗なら業界最安値の4,980円からの料金設定で見積もりもキャンセルも無料です。
    電話相談料や見積もり費用、運搬車両費用、スタッフ増員料金などは一切不要です。

    他にもたくさんの特徴があるので、下記にまとめます。

    ・梱包・分別が不要
    ・Webからのお申込みで割引
    ・無料見積もり
    ・出張見積もり可能
    ・キャンセル料無料
    ・メール・ラインでのお問い合わせ24時間受付中

    リユース本舗では、不用品回収に欠かせない、「廃棄物収集運搬許可証」を行政より取得しているため、安心して利用していただけます。

    これを機にリユース本舗を利用して掃除機を処分してみてはいかがでしょうか。ぜひお気軽にお問い合わせください。

    電話番号:0120-684-225
    営業時間:09:00~22:00
    LINE・メールは24時間受付中です。

    今すぐリユース本舗を利用する

    不用品でお困りならお任せください

    • お困りごと例 ①

      不用品や粗大ゴミの回収・処分

      不用品や粗大ゴミの
      回収・処分

    • お困りごと例 ②

      いらなくなった不用品の買取

      いらなくなった
      不用品の買取

    • お困りごと例 ③

      引っ越し時の粗大ゴミ処分

      引っ越し時の
      粗大ゴミ処分

    • お困りごと例 ④

      遺品整理・ゴミ屋敷の清掃

      遺品整理
      ゴミ屋敷の清掃

    不用品回収・不用品買取以外にも
    ゴミ屋敷清掃や引っ越し遺品整理など
    お部屋のお片付けお掃除全般
    対応可能です!!

    各分野において資格保持者が在籍。不用品の処分のついでに「コレもお願いできるかな・・・」などの疑問がございましたら、お気軽にお問合せください。コールセンターが丁寧に相談対応させていただきます。

    4,980(税込)
    相談料0お気軽にご相談ください!

    0120-684-225

    お気軽にご連絡ください

    営業時間:9:00~22:00

    お得にご利用いただけるチャンス Web限定キャンペーン

    不用品回収に併せて無料でお掃除サービス!
    日頃の感謝を込めて、大還元サービス実施中!

    Lパック以上のお客様限定!

    拭き掃除・ワックスがけ
    • 拭き掃除
    • 洗剤拭き掃除

    ハウスクリーニング9,800円 ~

    • 他サービスと併用OK

      他サービスと併用OK

      不用品回収/ゴミ屋敷清掃/遺品整理と併用OK!

    • クリーニングのみOK

      クリーニングのみOK

      ハウスクリーニングのみのご依頼もOK!

    • 対応範囲は制限なし

      対応範囲は制限なし

      一部屋から一軒家まで規模を問わず対応可能

    ハウスクリーニングの詳細はこちら

    料金のご案内

    相談・お見積り・運搬車・スタッフ増員は0円!
    安心の定額コミコミパックなので、お見積りから金額が変わる心配がありません!
    安心してご利用ください!

    定額コミコミパック

    リユース本舗では「SSプラン」から「XLプラン」少しの不用品を回収する「お助けパック」まで幅広いプランをご用意しております。

    SSパック ちょっとした片付けに最適! Sパック 1K程度の片付けにおすすめ!! Mパック 1Kから1DK程度の片付けに Lパック 1DKから1LDK程度の片付けに LLパック 2LDKから3DK程度の片付けに XLパック 3LDKから4LDK程度の片付けに お助けパック あと少しだけ引き取って欲しい時に各パックと合わせてご活用ください

    ※高さ制限あり
    ※リサイクル家電・PC関連は除く
    ※一部パックに含まれないものもあり

    買取強化中!!幅広い不用品をプロが査定

    「過去に他社で高額請求された…」

    「少しでも安く処分したい!」

    そんな方はリユース本舗へ一度お問合せください!「他社様の見積もり定時で1円でも安い見積もり提示できる自信あり!」お客様にご納得いただける金額にて回収・買取させていただき、ゴミとして処分ではなく、弊社ではリユース!

    料金について詳しくはこちら

    リユース本舗

    東京埼玉千葉神奈川
    全エリア対応!

    東京・埼玉・千葉・神奈川地図
    東京都の対応エリア
    武蔵野市,福生市,目黒区,東大和市,北区,品川区,武蔵村山市,豊島区,東村山市,板橋区,八王子市,墨田区,町田市,立川市,中野区,日の出町(西多摩郡),府中市,練馬区,調布市,日野市,中央区,清瀬市,杉並区,青梅市,渋谷区,文京区,世田谷区,江東区,国立市,瑞穂町,羽村市,小金井市,小平市,新宿区,葛飾区,国分寺市,江戸川区,三鷹市,東久留米市,大田区,西東京市,台東区,足立区,千代田区,多摩市,昭島市,あきる野市,荒川区,港区,稲城市,狛江市
    埼玉県の対応エリア
    上尾市, 朝霞市, 伊奈町, 入間市, 入間郡, 桶川市, 越生町, 春日部市, 川越市, 川口市, 川島町, 北足立郡, 北葛飾郡, 北本市, 久喜市, 鴻巣市, 越谷市, さいたま市, 坂戸市, 幸手市, 狭山市, 志木市, 白岡市, 杉戸町, 草加市, 鶴ヶ島市, ときがわ町, 所沢市, 戸田市, 新座市, 蓮田市, 鳩山町, 飯能市, 東松山市, 日高市, 富士見市, ふじみ野市, 松伏町, 三郷市, 南埼玉郡, 宮代町, 三芳町, 毛呂山町, 八潮市, 吉川市, 吉見町, 和光市, 蕨市
    千葉県の対応エリア
    旭市, 我孫子市, いすみ市, 市川市, 一宮町, 市原市, 印西市, 浦安市, 大網白里市, 大多喜町, 御宿町, 柏市, 勝浦市, 香取市, 鎌ケ谷市, 鴨川市, 神崎町, 木更津市, 君津市, 鋸南町, 九十九里町, 栄町, 佐倉市, 山武市, 酒々井町, 芝山町, 白井市, 白子町, 匝瑳市, 袖ケ浦市, 多古町, 館山市, 千葉市, 銚子市, 長生村, 長南町, 東金市, 東庄町, 富里市, 長柄町, 流山市, 習志野市, 成田市, 野田市, 富津市, 船橋市, 松戸市, 南房総市, 睦沢町, 茂原市, 八街市, 八千代市, 横芝光町, 四街道市
    神奈川県の対応エリア
    小田原市, 厚木市, 海老名市, 綾瀬市, 愛川町, 伊勢原市, 川崎市全域, 鎌倉市, 清川村, 逗子市, 相模原市全域, 座間市, 寒川町, 茅ヶ崎市, 中郡二宮町, 中郡大磯町, 秦野市, 葉山町, 平塚市, 藤沢市, 横須賀市, 横浜市全域, 大和市

    他社より1円でも高い場合はご相談ください!

    LINE
    MAIL 0120-684-225 LINE・メールは24時間受付
    営業時間:9:00~22:00