即日最短25

営業時間 9:00~20:00

0120-684-225

クレジットカード
MENU
神棚の処分方法6選!無料で捨てる方法をご紹介

神棚の処分方法6選!無料で捨てる方法をご紹介

    神棚の捨て方・処分方法について困っていませんか?

    神棚は多くのご家庭で設置されている神様をお祀りすための大切な場所です。主に、神社から頂いてきた御札を納め、榊をはじめとするお供え物を供えてお祀りします。古来より、家々に宿る神様を目に見える形で祀り、日々の感謝を伝えたり、家内安全や商売繁盛を祈願するための場所として用いられているものです。

    多くの方が漠然とこのようなイメージをお持ちかと思われますが、特に大きな間違いはなく、神様を信仰するためのものとして現代でも身近な存在でしょう。

    しかし、神棚も古くなり壊れたり劣化することがあるため、交換したり買い替えるということも出てきます。とはいえ、普通に家で使用している家具と同じようなものとして扱っても問題がないものなのか疑問も生じるでしょう。

    神様をお祀りするうえでのルールやマナーも、明確にこれという作法や方法が分かりやすく世の中に伝わっているわけでもなく、少々疑問に思われ不安を抱かれる方も多いはずです。

    そこで今回は、神棚の正しい捨て方・処分方法について詳しくまとめてみました。ぜひ、当記事を見て参考にしてください。

    【この記事でわかること】
    ① 神棚の正しい処分方法
    ② 神棚を処分する際の注意事項
    ③ 神棚について詳しく知る

    神棚についての確認事項

    神棚を捨てる前に、まずは確認をしておくべきことがあります。

    神棚の寿命・使用期限について

    一般的に神棚の使用期限は20年程度と考えた方が良いでしょう。一般的にご家庭内で使用されるものであれば急激に劣化・腐敗が進むようなことはなく問題なく使用し続けることがでしょう。設置されている環境に応じては、湿気などで壊れたり裂傷が生じるようなことも出てくる可能性がありそうです。

    素材が木製ということもありますが、頻繁に移動させたりするものでもないため、製品の寿命はやや長く考えることが可能です。一旦は15年程度を目安に神棚の状態を確認して、買い替えを意識した方が良いかもしれません。

    しかし、一般的に使用・設置されている状態であれば、そう簡単には壊れるものではありません。

    消耗や劣化で考えられる原因

    ほとんどの場合、設置場所に応じてが影響してくると考えられます。リビング・ダイニング近くで水回りが近い、日差しや風にさらされる可能性がある、ペットなどが近寄る可能性がある、このような状況が無い限りは、そこまで過度に壊れることを心配する必要もないでしょう。

    通常、問題がなければ何十年と使用し続けられるものですので、よほど設置環境に懸念がない限り大きな問題は無いでしょう。

    よくある処分の原因

    代々使用されてきた神棚をそのまま使い続けているような場合、そこまでに何十年も使用され続けてきた状況も考えられるため、実は設置から何十年も年月が経過している状況もあるでしょう。

    さすがに、このような場合には素材自体の寿命が訪れ壊れやすくなっているため、破損したり劣化したりする部分も見受けられるでしょう。このような際は買い替えが必要になると考えられます。

    通常のゴミとして捨てることもできる?

    一般的に考えると木製でできているものにすぎないため、処分・廃棄は難しいものではありません。木製であれば、分解・解体をしてしまえば木材ゴミとして一般ゴミとして捨てることは可能でしょう。

    とはいえ、新しい神棚を購入してきて、古い神棚をそのまま自力で処分してしまっても問題ないものなのかという疑問に苛まれるでしょう。やはり、ここが一番の問題となります。

    この部分の答えとしては、これまで使用されていた神棚を神社で祈祷いただいてからお焚き上げをして処分してもらうことが適切と考えられています。そのため、普通に交換して捨てることは避けた方が良いかもしれません。

    処分に関する注意点

    まず、基本的に神社を介して適切な対応を行ってもらうことが必要と考えられます。そちらを済ませておけば、後は任意の方法で処分を進めることが可能でしょう。

    しかし、神社に祈祷いただいたり・お焚き上げを行ってもらわずに、そのまま安易に処分を進めてしまうと、災いや障りが生じることがあるかもしれません。

    信仰や神様を大切に思う気持ちが必要となると考えられるため、適切な方法で処分を進めなければ、気分的にも良いものにはならないでしょう。

    神棚の捨て方・処分方法6選

    神棚を処分する方法は、無料のものから有料で処分できるものまで様々です。

    ここでは、神棚を処分する際に利用できる6つの方法をご紹介しています。まず、考えられる処分方法について一覧にまとめてみました。

    処分方法費用備考
    神社に依頼して処分する(有料)お布施を納める
    一般ゴミとして処分する無料費用は掛からない
    粗大ゴミとして処分する有料費用は5,00~1,000円程度
    専門業者に依頼して処分する有料業者により費用は異なる
    買い替え時に処分を依頼する無料費用は掛からない場合が多い
    不用品回収業者で処分する有料8000円~
    ※依頼をするプランによる

    上記のように多くの処分方法の中から選ぶことが可能となります。費用を掛けずに処分が可能な方法もありますので、手間や労力を考えてご自身に合う捨て方を選ぶことが大切でしょう。

    ただし、処分方法によっては費用がやや掛かる場合があるため注意が必要です。

    ① 神社に依頼して処分する

    神棚の処分のみ進める場合に、神社に祈祷いただき、合わせてお焚き上げいただくことが可能であれば、まとめて処分を依頼してしまいましょう。この方法が、最もシンプルで難しくない対応となってくるでしょう。

    しかし、神棚を処分する機会は滅多にないので相談先の神社を見つける必要があります。その点は少し大変かもしれません。

    とはいっても、このように神社に依頼して処分を進めること自体は珍しいことではないため、調べてみると意外にスムーズに処分を進めて行けるかもしれません。

    費用に関しては、気持ちとしてお布施をする必要があるため、ある程度掛かってしまうでしょう。贔屓にしている神社とのお付き合いに合わせた金額になる場合も考えられるため、費用をできるだけ抑えるということには繋がらないかもしれません。

    ② 一般ゴミとして処分する

    まず先述の通り、神社での祈祷などを行わずに捨てることは論外です。現実的には、何も考えずに捨てること自体は可能ですが、おすすめはできない方法ですので注意しましょう。

    そのため、まずこれまでに使用していた神棚を祈祷いただき問題ない状態とした後に、その後処分方法をご自身で検討する流れであれば概ね問題ないと考えられます。

    その際に、一般ゴミとして処分する場合には、木材ゴミとして捨てられるサイズまで細かく分解・解体を行って収集に出しましょう。装飾品等も正しく分別して処分しましょう。

    この処分方法の場合、捨てること自体には費用が掛からないためお得です。また、捨てる際にも神棚とは分からない状態にもなるため、他者への影響もなく捨てることが可能でしょう。

    ③ 粗大ゴミとして処分する

    こちらの処分方法は、一般ゴミ同様に事前に神社で祈祷いただいた後に処分をする手段が異なるだけとなります。

    不用品を処分する場合、粗大ゴミで処分する方法が最も分かりやすくシンプルな処分方法となってくるでしょう。基本的に、一辺が30cm以上の大きなゴミの場合には、大概のものが粗大ゴミとなってきます。

    処分手数料は多少かかりますが費用の負担もそこまで大きくありません。また、回収依頼の申し込みを済ませて収集場所まで運ぶことさえできればスムーズに処分が可能です。

    実際に処分するまでは、申し込みから数日(1週間~10日)ほど掛かることが考えられます。最も分かりやすい処分方法ではありますが、あらかじめ処分が完了するまでにある程度の日数が掛かることは把握しておきましょう。

    しかし、こちらの方法の場合には、お住いの自治体で粗大ゴミの品目に神棚が設けられている場合に限ります。ですので、粗大ゴミとして捨てられるかどうか判断ができない場合には、一度自治体に問い合わせをして確認してみましょう。

    ④ 専門店に依頼して処分する

    お近くに専門店があれば、処分を依頼することが可能です。多くの場合、同様の製品を販売している店舗であれば、処分の対応が可能と考えられるため依頼ができるでしょう。

    専門店で神棚の処分のみを依頼する場合、基本的に処分は有料のサービスとなってきますので注意しましょう。費用はある程度かかり、お店によっても対応は異なります。

    業者に処分したい神棚を持ち込むだけで済むことになりますが、正しい手順で処分を行ってもらうことになりますので、費用は高くなる場合が考えられます。業者側にて提携先の神社に祈祷やお焚き上げの依頼を行うと考えられます。

    お金を支払って処分を代行してもらう方法と考えた場合には、もっとも信頼できる利便性の高い処分方法かもしれません。

    ⑤ 買い替え時に処分を依頼する

    こちらも専門店を介して処分を進める方法となりますが、新たに神棚を購入をして買い替えるというところが異なる点となります。

    買い替える場合には、古い製品を無料で引き取ってもらえることがほとんどであるため、そこまで難しく考える必要はないでしょう。処分に関わる諸々の対応費自体が購入費用に含まれている場合が多く、出費も無い場合が大半です。

    そのため、処分に際して行うべき対応を専門店側で適切に行ってくれるため、購入に合わせて古い神棚を引き渡すだけで完了となるでしょう。

    ⑥ 不用品回収業者で処分する

    神棚のようなものであっても、不用品回収業者を利用すればすぐに回収してもらうことが可能です。回収自体も早ければ即日の内に対応が可能なため非常に便利です。

    多少大きなものであってもスタッフの方が運び出してくれるので、依頼した後は待っているだけで全て対応してくれるため便利です。神棚のような持ち運びが大変なものも、解体するなど適宜工夫をして持ち出してくれます。

    ただし、多くの場合は固定費用のサービスプランを利用することになるため、1点だけの処分のために利用する場合には割に合わず損をしてしまいます。そのため、回収をしてもらう際には、他にも処分したい物を合わせて同時に引き取ってもらうようにすると、不用品1つあたりに掛かる処分の費用を抑えることが可能です。

    費用自体はある程度の金額が掛かる処分方法となってしまいますが、問い合わせて早ければ即日の内に対応してくれる場合がほとんどなので、非常に利便性の高い処分方法となっています。

    神棚の場合はそれなりに大きなものでもあるため、1品のみであっても処分を優先する目的で依頼することも良いかもしれません。

    しかし、こちら処分方法の場合には、先述の一般ゴミ・粗大ゴミでの処分方法と同様に、事前に神社にて祈祷いただいている状態であることが大前提です。

    不用品回収業者での処分は、神棚を回収した後に神社に持ち込んで祈祷やお焚き上げの対応を行ってもらえるものではありません。そのため、あくまでも「後は処分を進めるだけ」という状態での依頼が必要です。

    神棚の処分に関するトラブルシューティング

    ものを捨てるという行為には、悩みやトラブルがつきものです。神棚を捨てようと思った際に思わぬトラブルが発生して頭を悩ませてしまうこともあるでしょう。

    ここでは、神棚の処分に関するトラブルシューティングをご紹介します。

    粗大ゴミで捨てる際は配慮が必要

    事前に神社で祈祷いただいた神棚を粗大ゴミとして処分することも考えられるでしょう。しかし、客観的に考えた場合に、ゴミとして神棚が収集場所に置かれている状況は気持ちの良いものではありません

    もちろん、粗大ごみ処理券が貼られていて、粗大ゴミの収集の申込みを済ませている状態は確認できると思いますが、周りから見ると正しい手順で適切な対処がされているかは分からないものです。

    見かけた人からしても、近所の人からしても、正直ビックリするものでしょう。そのため、もし粗大ゴミに出す場合には、何かしらメモ書き等を添えて見かけた人を安心させてあげたり、原型が分からないように多少解体をしてまとめたりするなどの配慮をした方が無難でしょう。

    何もせずにそのまま捨ててはいけない

    これまでに説明した通り、処分するために必要な対応を怠った状態でゴミに出すような行為は言語道断です。

    気持ちの問題・進行の問題といわれればそれまでですが、収集や回収を行う作業者からすると「ギョッ!」とするものになるでしょう。

    取り扱いが非常に難しいものであるからこそ、正しい手順を踏んで処分を進める必要がある物となるため、モラルの面からしても、間違った行為は行わないようにしましょう。

    もちろん、厳密に罰則等はありませんが、何か災いや障りがあっては怖いものでもありますので、十分に意識をした方が良いでしょう。

    不法投棄は行ってはいけない

    神棚は、普通に捨てるという行為が憚られるものになり、適切な手順を踏んだ処分を実行せずに、どこかに放置・投棄してしまうことが考えられるものでしょう。

    不法投棄は違法です。5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方の刑に処すると規定されています。絶対に行わないようにしましょう。

    まとめ

    神棚にはいくつかの捨て方・処分方法があることが分かりました。専門店等に引き取り・回収を依頼する方法が一般的ではありますが、適切な対応を終えた後に処分のみが必要な場合には不用品回収業者を利用するのも有効でしょう。

    比較的処分に困る部類のアイテムになりますが、製品の大きさ故に手間が掛かる面も考慮する必要があります。ご自身の状況を考えて、どの方法が1番納得のいく処分となるか検討してみてください。

    神棚の場合、他の家具等同様にある程度の重さもあります。そのため、移動させることも困難な場合が考えられるため、解体の可能有無、人手が必要であるかなど、様々な視点から処分方法を検討した方が良いでしょう。

    神棚の処分はリユース本舗へ

    今回紹介した内容から自分の目的や状況に合う処分方法を見つけることは出来ましたか?この記事を読んでもまだ処分方法で悩んでいる方もいるかと思います。そんな人にはリユース本舗を紹介します。

    リユース本舗は創業43年の不用品回収業者です。最短25分でお伺いすることができ、見積もり・キャンセル無料で査定することができます。また、今ならWebページからの申し込みでWeb割キャンペーンが適用されます。

    リユース本舗なら業界最安値の4,980円からの料金設定で見積もりもキャンセルも無料です。
    電話相談料や見積もり費用、運搬車両費用、スタッフ増員料金などは一切不要です。

    他にもたくさんの特徴があるので、下記にまとめます。

    ・梱包・分別が不要
    ・Webからのお申込みで割引
    ・無料見積もり
    ・出張見積もり可能
    ・キャンセル料無料
    ・メール・ラインでのお問い合わせ24時間受付中

    リユース本舗では、不用品回収に欠かせない、「廃棄物収集運搬許可証」を行政より取得しているため、安心して利用していただけます。

    これを機にリユース本舗を利用して掃除機を処分してみてはいかがでしょうか。ぜひお気軽にお問い合わせください。

    電話番号:0120-684-225
    営業時間:09:00~20:00
    LINE・メールは24時間受付中です。

    今すぐリユース本舗を利用する

    ほかの品目の捨て方も調べる

    不用品でお困りならお任せください

    • お困りごと例 ①

      不用品や粗大ゴミの回収・処分

      不用品や粗大ゴミの
      回収・処分

    • お困りごと例 ②

      いらなくなった不用品の買取

      いらなくなった
      不用品の買取

    • お困りごと例 ③

      引っ越し時の粗大ゴミ処分

      引っ越し時の
      粗大ゴミ処分

    • お困りごと例 ④

      遺品整理・ゴミ屋敷の清掃

      遺品整理
      ゴミ屋敷の清掃

    不用品回収・不用品買取以外にも
    ゴミ屋敷清掃や引っ越し遺品整理など
    お部屋のお片付けお掃除全般
    対応可能です!!

    各分野において資格保持者が在籍。不用品の処分のついでに「コレもお願いできるかな・・・」などの疑問がございましたら、お気軽にお問合せください。コールセンターが丁寧に相談対応させていただきます。

    4,980(税込)
    相談料0お気軽にご相談ください!

    0120-684-225

    お気軽にご連絡ください

    営業時間:9:00~20:00

    お得にご利用いただけるチャンス Web限定キャンペーン

    不用品回収に併せて無料でお掃除サービス!
    日頃の感謝を込めて、大還元サービス実施中!

    Lパック以上のお客様限定!

    拭き掃除・ワックスがけ
    • 拭き掃除
    • 洗剤拭き掃除

    ハウスクリーニング9,800円 ~

    • 他サービスと併用OK

      他サービスと併用OK

      不用品回収/ゴミ屋敷清掃/遺品整理と併用OK!

    • クリーニングのみOK

      クリーニングのみOK

      ハウスクリーニングのみのご依頼もOK!

    • 対応範囲は制限なし

      対応範囲は制限なし

      一部屋から一軒家まで規模を問わず対応可能

    ハウスクリーニングの詳細はこちら

    料金のご案内

    相談・お見積り・運搬車・スタッフ増員は0円!
    安心の定額コミコミパックなので、お見積りから金額が変わる心配がありません!
    安心してご利用ください!

    定額コミコミパック

    リユース本舗では「SSプラン」から「XLプラン」少しの不用品を回収する「お助けパック」まで幅広いプランをご用意しております。

    SSパック ちょっとした片付けに最適! Sパック 1K程度の片付けにおすすめ!! Mパック 1Kから1DK程度の片付けに Lパック 1DKから1LDK程度の片付けに LLパック 2LDKから3DK程度の片付けに XLパック 3LDKから4LDK程度の片付けに お助けパック あと少しだけ引き取って欲しい時に各パックと合わせてご活用ください 買取強化中!!幅広い不用品をプロが査定

    ※各パックに表示されているトラック・段ボールのイラストはあくまでもイメージとなります。
    ※トラックに積める回収品の量・高さには制限がありますので、1トン等まで積載できるわけではありません。
    ※リサイクル家電・PC関連は除く
    ※一部パックに含まれないものもあり

    「過去に他社で高額請求された…」

    「少しでも安く処分したい!」

    そんな方はリユース本舗へ一度お問合せください!「他社様の見積もり定時で1円でも安い見積もり提示できる自信あり!」お客様にご納得いただける金額にて回収・買取させていただき、ゴミとして処分ではなく、弊社ではリユース!

    料金について詳しくはこちら

    リユース本舗

    東京埼玉千葉神奈川
    全エリア対応!

    東京・埼玉・千葉・神奈川地図
    東京都の対応エリア
    昭島市 , あきる野市 , 足立区 , 荒川区 , 板橋区 , 稲城市 , 江戸川区 , 青梅市 , 大田区 , 奥多摩町 , 葛飾区 , 北区 , 清瀬市 , 国立市 , 江東区 , 小金井市 , 国分寺市 , 小平市 , 狛江市 , 品川区 , 渋谷区 , 新宿区 , 杉並区 , 墨田区 , 世田谷区 , 台東区 , 立川市 , 多摩市 , 中央区 , 調布市 , 千代田区 , 豊島区 , 中野区 , 練馬区 , 八王子市 , 羽村市 , 東久留米市 , 西東京市 , 東村山市 , 東大和市 , 日野市 , 日の出町(西多摩郡) , 檜原村 , 府中市 , 福生市 , 文京区 , 町田市 , 瑞穂町 , 三鷹市 , 港区 , 武蔵野市 , 武蔵村山市 , 目黒区
    埼玉県の対応エリア
    上尾市 , 朝霞市 , 伊奈町 , 入間市 , 小鹿野町 , 小川町 , 桶川市 , 越生町 , 春日部市 , 加須市 , 神川町 , 上里町 , 川口市 , 川越市 , 川島町 , 北本市 , 行田市 , 久喜市 , 熊谷市 , 鴻巣市 , 越谷市 , さいたま市 , 坂戸市 , 幸手市 , 狭山市 , 志木市 , 白岡市 , 杉戸町 , 草加市 , 秩父市 , 鶴ヶ島市 , ときがわ町 , 所沢市 , 戸田市 , 長瀞町 , 滑川町 , 新座市 , 蓮田市 , 鳩山町 , 羽生市 , 飯能市 , 東秩父村 , 東松山市 , 日高市 , 深谷市 , 富士見市 , ふじみ野市 , 本庄市 , 松伏町 , 三郷市 , 美里町 , 皆野町 , 宮代町 , 三芳町 , 毛呂山町 , 八潮市 , 横瀬町 , 吉川市 , 吉見町 , 寄居町 , 嵐山町 , 和光市 , 蕨市
    千葉県の対応エリア
    旭市 , 我孫子市 , いすみ市 , 市川市 , 一宮町 , 市原市 , 印西市 , 浦安市 , 大網白里市 , 大多喜町 , 御宿町 , 柏市 , 勝浦市 , 香取市 , 鎌ケ谷市 , 鴨川市 , 木更津市 , 君津市 , 鋸南町 , 九十九里町 , 神崎町 , 栄町 , 佐倉市 , 山武市 , 酒々井町 , 芝山町 , 白子町 , 白井市 , 匝瑳市 , 袖ケ浦市 , 多古町 , 館山市 , 千葉市 , 銚子市 , 長生村 , 長南町 , 東金市 , 東庄町 , 富里市 , 長柄町 , 流山市 , 習志野市 , 成田市 , 野田市 , 富津市 , 船橋市 , 松戸市 , 南房総市 , 睦沢町 , 茂原市 , 八街市 , 八千代市 , 横芝光町 , 四街道市
    神奈川県の対応エリア
    愛川町 , 厚木市 , 綾瀬市 , 伊勢原市 , 海老名市 , 大井町 , 小田原市 , 開成町 , 鎌倉市 , 茅ヶ崎市 , 川崎市 , 寒川町 , 清川村 , 相模原市 , 座間市 , 逗子市 , 中郡大磯町 , 中郡二宮町 , 箱根町 , 秦野市 , 葉山町 , 平塚市 , 藤沢市 , 松田町 , 真鶴町 , 三浦市 , 南足柄市 , 山北町 , 大和市 , 湯河原町 , 横須賀市 , 横浜市 , 中井町

    他社より1円でも高い場合はご相談ください!

    LINE
    MAIL 0120-684-225 LINE・メールは24時間受付
    営業時間:9:00~20:00