即日最短25

営業時間 9:00~22:00

0120-684-225

クレジットカード
MENU
布団の捨て方8選!無料で捨てられる方法をご紹介

布団の捨て方8選!無料で捨てられる方法をご紹介

    「布団を捨てたいけど、どこから始めたらいいんだろう?」「今使っている布団は捨てるべきかな?」と悩んでいる方は意外と多いことでしょう。

    自治体での処分や業者への依頼、さらには売却など選択肢は多く存在しています。

    布団の処分に関するお悩みを解決し、それぞれに合った処分方法を選択できるように、布団の捨て方から捨てるタイミング、さらには捨てる際の注意すべき点をご紹介いたします。

    布団を捨てる時の注意事項

    布団を捨てる時には注意しておきたいことがいくつかあります。

    布団を粗大ごみや可燃ごみとして処分する場合は、各自治体のルールを守ることがとても大切です。

    ルールを守らずに処分してしまうことで、最悪の場合、放火されてしまう恐れや回収されずに二度手間になることも十分考えられます。

    スムーズにトラブルなく処分することが一番簡単な捨て方なので、お住まいの自治体のホームページなどから、布団の処分方法や分別をしっかりと把握しておくことが重要です!

    大きさや長さ、布団の種類によっても処分方法が異なることが多いので、これらの点もしっかりと調べておきましょう!

    悪徳業者に気を付けよう!

    次に大事なのは、布団の処分を業者に依頼する場合です。

    布団に限らず、不用品回収業者などの回収業者を利用する場合には、必ず口コミや評判、許可証の有無などを確認してから依頼するように心掛けましょう!

    高額な請求や不法投棄など違法な行為をする悪徳業者がいますので、十分に注意しましょう!

    布団の捨て方に関する注意事項をよく確認し、正しくお得に捨てるように心掛けましょう。

    「悪徳業者って怖いけど、どうやって見極めればいいのかわかんないよ…..」

    「大丈夫!『許可証の有無』『口コミ』『大体の相場を知っておくこと』など事前に調べておけば、悪徳業者を見極めるヒントになるよ!

    布団を捨てるタイミング

    正直、布団を捨てるタイミングと言ってもよくわからないですよね…..若い方であればなおさらでしょう。布団を捨てた経験というものは、そんなにあるものではありません。

    そこで、実際にその布団が捨てる対象に入っているのか判断するために、これからご紹介する「捨てるタイミング」や「布団の状況」にお持ちの布団が当てはまるかどうか確認してみましょう!

    布団の寿命

    そもそも、布団の寿命をご存じでしょうか?

    もちろん、個人の使い方やお手入れなどをしているかで寿命は変わってきますが、良く言われている布団の寿命について知っておきましょう。

    布団の寿命

    羽毛布団 ・・・・ 10年~15年
    掛け布団 ・・・・ 5年~10年
    敷布団  ・・・・ 3年~5年

    使用されている素材で寿命も変わってきますが、衛生面などから見ても以上のような寿命とされています。

    現在お使いの布団は何年ほどお使いになっているでしょうか?今一度確認してみるといいでしょう。

    汚れや傷み

    布団は毎日使うものです、長く作っていれば傷や汚れがどうしてもできてしまいます。

    以下のような状態の場合には捨てるタイミングとして判断できるでしょう。

    • 羽毛が飛び出している
    • 表面生地が擦り切れている、破れている
    • ボリュームが無い・ボリュームが無い

    お使いの布団の状況は当てはまるでしょうか?

    もしも以上の条件に当てはまるようでしたら、捨てるタイミング・買い替えのタイミングと考えてもいいでしょう。

    臭い

    布団にしみついてしまった臭いを取るには、クリーニングに出すと取れる場合があります。

    しかし、クリーニングに出してもイマイチ臭いが取れない場合は捨てるタイミングと判断してもいいでしょう。

    布団の捨て方8選

    実際に布団を捨てようと思っても意外と捨て方がわからないものですよね。

    しかし、布団の処分方法は思いのほか多くあるので安心して下さい!

    可燃ごみに出す、粗大ごみで捨てるといった方法がすぐに思い付く布団の処分方法だと思いますが、布団の捨て方には他にもあるので、これから紹介する8つの方法の中から、自分の状況にあった捨て方を選択して、布団を賢く処分しましょう!

    可燃ごみ・燃えるごみで出す

    自治体によっては可燃ごみとして、指定の収集所に出すこともできます。
    費用面から見ても、袋の代金くらいなので、お得に処分することができます!

    基本的には、袋に入るサイズまで裁断し、袋に入れて収集所に出すだけです。

    裁断すべき大きさや長さの規定など細かいルールは各自治体ごとに変わりますので、実際に行う前にしっかりと調べておきましょう!

    気を付けたいのは、無料で処分できるが、布団を切る必要がある場合の手間と時間がそれなりにかかるということも考慮して検討しましょう!

    メリットデメリット
    ・無料・裁断する際の手間と時間

    ※例:横浜市の場合は一番長い辺が50㎝以内の布団は、裁断する必要なく、燃やすごみとして出すことができます。

    粗大ごみに出す

    布団は粗大ごみとして指定の場所で回収してもらえます。

    自治体によって料金などは異なるので、申し込みの際に布団のサイズや料金を確認しておきましょう!

    基本的な手順は以下のようになっています。

    1. 電話またはホームページから申し込みをする
    2. 回収日時と処分費用などを確認
    3. コンビニやスーパーで『ごみ処理券』を購入し貼り付ける
    4. 指定の日時に指定された場所に出す
    5. 処分完了
    メリットデメリット
    ・自治体なので安心・有料
    ・指定の場所まで運ぶ必要がある

    ごみ処理場へ持ち込む

    同じく粗大ごみとして処分する方法のひとつですが、回収ではなく自分でごみ処理場に持ち込むことで運搬費を抑えることができます。

    ごみ処理施設に持ち込める時間は自治体や施設ごとに異なります、事前に受付時間を調べておきましょう!

    基本的な手順

    1. 電話またはホームページから予約・申し込みをする
    2. 指定日にごみ処理場へ持ち込む
    3. 案内の通りに車を移動させ不用品を降ろす
    4. 料金を支払う (料金を支払うタイミングは施設によって異なる場合があります)
    5. 処分完了
    メリットデメリット
    ・安く処分できる
    ・安心
    ・車などの車両が必要
    ・運搬の手間がある

    ※不用品の持ち込みを受け付けていない自治体もありますので、まずはお住まいの自治体のホームページなどをご確認ください!

    ニトリやイオンなどに引き取りを依頼する

    ニトリなどの販売店で布団を新しく買い替える予定のある方にはおすすめの方法です。

    新たに布団を買い替えた店舗などで、同時に古い布団を引き取ってもらうことができます。

    引き取りサービスを実施している店舗や会社のみで利用できるサービスではありますが、購入と処分を一緒に行えるので賢い活用方法です!

    ニトリの場合
    新たに布団を購入することが条件です。
    一回の引き取りで4,400円程度かかります。
    ※詳しくはお近くの店舗で確認してください。
     1注文で1個の布団または購入と同量の布団の回収ができます。

    ニトリ以外にも、イオンなどでも布団回収を行なっているケースがありますので、気になる方や購入をお考えの方はぜひ検討してみましょう!

    メリットデメリット
    ・時短で簡単・費用が高く、会社や店舗次第

    リサイクルショップに売却

    布団を捨てるのではなく、リサイクルショップなどに売るという方法もあります。

    ブランド品の布団とそうでない布団で売れる値段は大きく変わりますが、ブランド品で状態が良い場合には、高額で売れる場合もあります。

    しかし、きちんと買い取ってもらうためには、クリーニングする必要もあるので、損益を考慮して行うようにしましょう!

    また、出張買取をしているお店もあるので、車が無い場合や自分で運搬できない方も活用することが可能です。

    メリットデメリット
    ・買取可能なら処分費用はゼロ・ブランド品以外だと買取にならない可能性がある

    引っ越し業者に引き取りをお願いする

    引っ越しと同時に処分をご検討の方にはおすすめの方法です。

    ただし、引っ越し業者で不用品の引き取りも行っている業者に依頼する方に限定されてしまいます。

    引っ越しと同時に処分もできるので、手間や時間が取られることもありません。

    注意しておきたいのは、不用品の処分を急に依頼するのではなく、事前に伝えておくことです。

    そうすることでスムーズにトラブルなく処理することができるので、引っ越しの依頼時にその旨も伝えておきましょう!

    メリットデメリット
    ・時間や手間がかからない・費用がかかる
    ・すべての引っ越し業者が行っているわけではない

    フリマアプリやネットオークションを活用する

    布団を売却する中でも、フリマアプリを活用して処分することも視野に入れてもいいでしょう。

    ブランド品や人気の商品は売れやすいので、ちょっとしたお小遣いになる可能性があることはおすすめな点です。

    しかし、クリーニングや写真撮影から発送など、あらゆる準備をしなければいけないので、時間に余裕があり、手間を惜しまない方にはおすすめな方法でしょう!

    発送費用や梱包費用を考慮して値付けすることが大切です。

    しっかりと損益を考えながら値段設定し、捨てる場合の処分費用と比較してみるのもいいでしょう!

    メリットデメリット
    ・売れた場合はお金になる・出品から発送準備に手間がかかる

    支援団体・リサイクル団体に寄付する

    ご不要な布団の処分方法の中には、『寄付する』という方法もあります。

    発展途上国への支援はもちろん、リサイクル利用で布団を新たな商品に作り変える団体なども存在しています。

    寄付をする場合には、寄付目的を確認し、自分の考慮したい問題への支援をご検討ください。

    寄付方法は、回収や引き取りを行っている団体ごとに変わってくるので、団体のホームページなどをご確認の上、申し込みをしてみましょう!

    また、お持ち込みの場合には「無料」の場合もありますが、送る場合やご自宅回収の場合には有料となるので、必ず確認してからご検討しましょう!

    団体による回収と引取方法の例

    • ご自宅まで回収
    • 送る
    • お持ち込み
    メリットデメリット
    ・社会貢献できる・処分費用がかかることも多い
    ・悪徳な団体もいる

    不用品回収業者に依頼する

    不用品回収業者へ回収を依頼する方法は最も時間と手間がかからない処分方法でしょう。
    業者へ連絡し、見積り価格に問題がなければ、特に何もせずに引き渡すだけです。

    また、不用品回収業者の良いところは、他の不用品も一緒に回収してくれることです。

    布団だけではなく、洋服や家電、家具といった家の中にあるすべての不用品を一括で見積り回収を行ってくれるので、時間も手間も、さらには悩む必要もありません。

    「布団は何ごみなんだろう」「裁断するはめんどくさいな…」と思っている方には特におすすめな方法です!

    特に『リユース本舗』では『廃棄物収集運搬許可証』と創業43年の安定があるので安心して依頼することができます!

    お見積りやキャンセル料も無料、さらにお見積り後の追加料金の発生もありません。
    試しにぜひ一度お見積りだけでも連絡してみてください。

    メリットデメリット
    ・とにかく簡単
    ・時短ができる
    ・好きな時間に処分できる
    ・費用がかかる

    不用品回収業者の注意点

    • 悪徳な業者には気を付けること!
    • 「許可証」「口コミ」「評判」などをしっかりと確認する
    • 高額な請求には気を付ける

    布団を捨てる際のトラブルシューティング

    実際に布団を処分しようとお考えの方の中には、それぞれ状況によってお悩みを抱えている方も多いでしょう。

    自治体やごみ処理場、販売店や業者など処分する手段が多いが故にスムーズに処分できないこともありますよね。

    そこで、よくある疑問やトラブルを解決できるよう状況別の解決方法をご紹介いたします。
    ぜひ参考にしてみてください!

    敷布団はどうやって処分すればいいかわからない

    サイズにもよりますが、敷布団は大きさや重さもそれなりにあるので、粗大ごみになることが多いです。

    裁断するにも羽毛布団や掛け布団と違い、大変な作業になりがちです、無理せずご自宅まで回収に来てくれるサービスをご検討することをおすすめします。

    • 自治体の回収(ある程度運ぶことが予想されます)
    • 販売店への引取り(ある程度運ぶことが予想されます)
    • 不用品回収業者

    不用品回収業者の場合は、何もせずに済むので簡単です。
    クリーニングも必要ありません

    捨て方が多くて選べない

    捨て方が多くて判断するのが難しいと考えている方には、不用品回収業者への依頼をおすすめします。

    処分方法を考えるのは正直めんどくさいですよね…..。
    布団以外にも家電や家具、洋服などの処分も同じことが言えます。

    考える時間や手間を考慮すると、自治体の処分で安く済ませるよりも、不用品回収業者に依頼する方が楽です!

    他の不用品も一緒に処分できるので、さらにお得感があり、同時にお家をすっきりと片づけることができますよ!

    まとめ

    布団の処分方法は多くありますが、ここでご紹介した処分方法と自分の状況を照らし合わせればすぐに見つかります。

    手間や費用、時間を総合的に考えることで、自分に合った正しい処分方法を選択しやすくなりますよ。

    めんどうな場合は不用品回収業者に依頼してしまいましょう。

    布団の処分はリユース本舗へ

    今回紹介した内容から自分の目的や状況に合う処分方法を見つけることは出来ましたか?この記事を読んでもまだ処分方法で悩んでいる方もいるかと思います。そんな人にはリユース本舗を紹介します。

    リユース本舗は創業43年の不用品回収業者です。最短25分でお伺いすることができ、見積もり・キャンセル無料で査定することができます。また、今ならWebページからの申し込みでWeb割キャンペーンが適用されます。

    リユース本舗なら業界最安値の4,980円からの料金設定で見積もりもキャンセルも無料です。
    電話相談料や見積もり費用、運搬車両費用、スタッフ増員料金などは一切不要です。

    他にもたくさんの特徴があるので、下記にまとめます。

    ・梱包・分別が不要
    ・Webからのお申込みで割引
    ・無料見積もり
    ・出張見積もり可能
    ・キャンセル料無料
    ・メール・ラインでのお問い合わせ24時間受付中

    リユース本舗では、不用品回収に欠かせない、「廃棄物収集運搬許可証」を行政より取得しているため、安心して利用していただけます。

    これを機にリユース本舗を利用して掃除機を処分してみてはいかがでしょうか。ぜひお気軽にお問い合わせください。

    電話番号:0120-684-225
    営業時間:09:00~22:00
    LINE・メールは24時間受付中です。

    今すぐリユース本舗を利用する

    不用品でお困りならお任せください

    • お困りごと例 ①

      不用品や粗大ゴミの回収・処分

      不用品や粗大ゴミの
      回収・処分

    • お困りごと例 ②

      いらなくなった不用品の買取

      いらなくなった
      不用品の買取

    • お困りごと例 ③

      引っ越し時の粗大ゴミ処分

      引っ越し時の
      粗大ゴミ処分

    • お困りごと例 ④

      遺品整理・ゴミ屋敷の清掃

      遺品整理
      ゴミ屋敷の清掃

    不用品回収・不用品買取以外にも
    ゴミ屋敷清掃や引っ越し遺品整理など
    お部屋のお片付けお掃除全般
    対応可能です!!

    各分野において資格保持者が在籍。不用品の処分のついでに「コレもお願いできるかな・・・」などの疑問がございましたら、お気軽にお問合せください。コールセンターが丁寧に相談対応させていただきます。

    4,980(税込)
    相談料0お気軽にご相談ください!

    0120-684-225

    お気軽にご連絡ください

    営業時間:9:00~22:00

    お得にご利用いただけるチャンス Web限定キャンペーン

    不用品回収に併せて無料でお掃除サービス!
    日頃の感謝を込めて、大還元サービス実施中!

    Lパック以上のお客様限定!

    拭き掃除・ワックスがけ
    • 拭き掃除
    • 洗剤拭き掃除

    ハウスクリーニング9,800円 ~

    • 他サービスと併用OK

      他サービスと併用OK

      不用品回収/ゴミ屋敷清掃/遺品整理と併用OK!

    • クリーニングのみOK

      クリーニングのみOK

      ハウスクリーニングのみのご依頼もOK!

    • 対応範囲は制限なし

      対応範囲は制限なし

      一部屋から一軒家まで規模を問わず対応可能

    ハウスクリーニングの詳細はこちら

    料金のご案内

    相談・お見積り・運搬車・スタッフ増員は0円!
    安心の定額コミコミパックなので、お見積りから金額が変わる心配がありません!
    安心してご利用ください!

    定額コミコミパック

    リユース本舗では「SSプラン」から「XLプラン」少しの不用品を回収する「お助けパック」まで幅広いプランをご用意しております。

    SSパック ちょっとした片付けに最適! Sパック 1K程度の片付けにおすすめ!! Mパック 1Kから1DK程度の片付けに Lパック 1DKから1LDK程度の片付けに LLパック 2LDKから3DK程度の片付けに XLパック 3LDKから4LDK程度の片付けに お助けパック あと少しだけ引き取って欲しい時に各パックと合わせてご活用ください

    ※高さ制限あり
    ※リサイクル家電・PC関連は除く
    ※一部パックに含まれないものもあり

    買取強化中!!幅広い不用品をプロが査定

    「過去に他社で高額請求された…」

    「少しでも安く処分したい!」

    そんな方はリユース本舗へ一度お問合せください!「他社様の見積もり定時で1円でも安い見積もり提示できる自信あり!」お客様にご納得いただける金額にて回収・買取させていただき、ゴミとして処分ではなく、弊社ではリユース!

    料金について詳しくはこちら

    リユース本舗

    東京埼玉千葉神奈川
    全エリア対応!

    東京・埼玉・千葉・神奈川地図
    東京都の対応エリア
    武蔵野市,福生市,目黒区,東大和市,北区,品川区,武蔵村山市,豊島区,東村山市,板橋区,八王子市,墨田区,町田市,立川市,中野区,日の出町(西多摩郡),府中市,練馬区,調布市,日野市,中央区,清瀬市,杉並区,青梅市,渋谷区,文京区,世田谷区,江東区,国立市,瑞穂町,羽村市,小金井市,小平市,新宿区,葛飾区,国分寺市,江戸川区,三鷹市,東久留米市,大田区,西東京市,台東区,足立区,千代田区,多摩市,昭島市,あきる野市,荒川区,港区,稲城市,狛江市
    埼玉県の対応エリア
    上尾市, 朝霞市, 伊奈町, 入間市, 入間郡, 桶川市, 越生町, 春日部市, 川越市, 川口市, 川島町, 北足立郡, 北葛飾郡, 北本市, 久喜市, 鴻巣市, 越谷市, さいたま市, 坂戸市, 幸手市, 狭山市, 志木市, 白岡市, 杉戸町, 草加市, 鶴ヶ島市, ときがわ町, 所沢市, 戸田市, 新座市, 蓮田市, 鳩山町, 飯能市, 東松山市, 日高市, 富士見市, ふじみ野市, 松伏町, 三郷市, 南埼玉郡, 宮代町, 三芳町, 毛呂山町, 八潮市, 吉川市, 吉見町, 和光市, 蕨市
    千葉県の対応エリア
    旭市, 我孫子市, いすみ市, 市川市, 一宮町, 市原市, 印西市, 浦安市, 大網白里市, 大多喜町, 御宿町, 柏市, 勝浦市, 香取市, 鎌ケ谷市, 鴨川市, 神崎町, 木更津市, 君津市, 鋸南町, 九十九里町, 栄町, 佐倉市, 山武市, 酒々井町, 芝山町, 白井市, 白子町, 匝瑳市, 袖ケ浦市, 多古町, 館山市, 千葉市, 銚子市, 長生村, 長南町, 東金市, 東庄町, 富里市, 長柄町, 流山市, 習志野市, 成田市, 野田市, 富津市, 船橋市, 松戸市, 南房総市, 睦沢町, 茂原市, 八街市, 八千代市, 横芝光町, 四街道市
    神奈川県の対応エリア
    小田原市, 厚木市, 海老名市, 綾瀬市, 愛川町, 伊勢原市, 川崎市全域, 鎌倉市, 清川村, 逗子市, 相模原市全域, 座間市, 寒川町, 茅ヶ崎市, 中郡二宮町, 中郡大磯町, 秦野市, 葉山町, 平塚市, 藤沢市, 横須賀市, 横浜市全域, 大和市

    他社より1円でも高い場合はご相談ください!

    LINE
    MAIL 0120-684-225 LINE・メールは24時間受付
    営業時間:9:00~22:00